アクロス アレックス
リーチ目総数はシリーズ最多の4086通り!4号機Aタイプの名機が帰ってきた!
BIG・REG共にビタ押しで総獲得枚数をMAXにできる!
 1999年に導入開始された4号機の名機『アレックス』が、約19年の時を超えてアクロスより復活! 初代同様にRTなどは非搭載で、純粋にボーナスの連打のみでメダルを増やす技術介入マシンとなっているぞ。

 搭載ボーナスは「BIG BONUS(最大335枚獲得)」と「REG BONUS(最大116枚獲得)」の2種類。どちらもビタ押しを駆使して、14枚役を一度だけ獲得することにより最大枚数を獲得できる。ボーナス消化手順はBIGとREGで異なっており、ビタ押しで狙うべき箇所も異なるので要注意だ。なお、BIG中に関しては「14枚役獲得時のアレックス図柄 or ブランク図柄揃いの有無」 「逆押し消化時の羽・羽・アレックス揃い出現率と揃うライン」に設定差が隠されているので、これらもチェックしておきたい。

 通常時の演出に関しては、「予告音」 「フラッシュ演出」 「消灯演出」の3つがメインで発生。本機で取りこぼしが生じる小役はチェリー、ブドウ、3枚役(羽・羽・アレックス)の3つとなるが、予告音なし時はブドウを否定するので、チェリー or 3枚役をフォローできる箇所を狙えばOK。予告音あり時はハズレ or リプレイ以外となるので、チェリー&ブドウ&3枚役の全てをフォローする打ち方を実践する必要があるぞ。

 フラッシュ演出に関しては、全リールを止めた後で発生。発生した時点でハズレは否定され、フラッシュパターンで成立役を示唆する。ハズレ or 対応役矛盾でボーナス濃厚だ。消灯演出は、全消灯でハズレを否定。予告音なし+全消灯は、チェリー or 3枚役のどちらかとなる。予告音あり+消灯は、その時点で羽(10枚役)を否定(予告音があるのでハズレ or リプレイも否定される)。2消灯以上ならチェリー or ブドウ対応だ。このように本機には様々な法則が隠されており、予告音の有無や消灯で成立役を絞り込みながら狙う箇所を考えたり、フラッシュと出目でボーナスを察知するのが、打つ際の醍醐味と言えるだろう。
ボーナス中のサウンドは4号機版『アレックス』のものを継承。ただしボーナスが連チャンした場合は別のサウンドに変化する。2〜3連(50ゲーム以内)時はオリジナル曲1とオリジナル曲2に、4連(100ゲーム以内)時はアレンジバージョンが聴けるぞ(REGは4連時のアレンジバージョンのみ変化アリ)。また、これ以外にも1G連時専用、または特殊条件達成BIG専用の隠しサウンドも存在する。
▼ メニュー [アレックス]
(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT
パチンコ・パチスロ機種検索
パチンコ パチスロ
機種名