大都技研 HEY!鏡
純増約5枚! 現行機最高のメダル増加速度を実現!!
今作の主役は鏡慶志郎!
 パチスロ新時代の幕開けを告げる6号機第1弾機がついにホールデビューを果たす。同社の『押忍!番長シリーズ』の人気キャラクターである鏡慶志郎を主役に据えた『HEY!鏡』は、1ゲームあたりの純増約5枚の高純増ATを搭載したマシンだ。

 通常時はHEYシステムを採用しており、規定HEY回数に到達すると「特訓」に突入。特訓に突入した時点での初当り期待度は約30%だ。そして、特訓後に発展する「対決」に勝利すれば初当り。「JET BONUS」もしくは「慶志郎チャンス」獲得となる。他にも「チャンス役による初当り直撃」や「謎当り」もあるが、メインルートはHEYシステムからの初当り獲得。よって通常時は、基本的にHEY獲得を目指すゲーム性となる。なお、本機には天井機能も搭載されており、950ゲーム+前兆消化でJET BONUSに突入。さらには青7期待度もアップしているぞ。

 初当りは主に20ゲーム継続する擬似ボーナス「JET BONUS」となり、JET BONUS終了後はもれなく自力チャンスゾーンの「ドライブゾーン」に突入。このドライブゾーンこそが、慶志郎チャンス突入&継続の鍵を握る機能で、いかに上位のステージに突入させるかが重要となっている。

 慶志郎チャンスはベルナビ回数管理型で、1セットのベルナビ回数は10〜100回。また、消化中のチャンス役によるベルナビ回数の減算ストップ(実質的なベルナビ回数上乗せ)もあり、1セットで1000枚近く獲得することも十分あり得る。さらに慶志郎チャンス終了後は、必ず番竜門ステージ以上のドライブゾーンに突入するため、約60%以上で慶志郎チャンスがループ。「頂対決」や「絶頂対決」といったロングループに期待できる機能も用意されており、短時間で大量のメダルを獲得することも可能なスペックとなっている。
演出の多くは『押忍!番長3』と『押忍!サラリーマン番長』がベースとなっている。よって、初打ちから違和感なくプレイできるはずだ。
(C)DAITO GIKEN,INC.
パチンコ・パチスロ機種検索
パチンコ パチスロ
機種名