ミズホ アナザーゴッドハーデス-冥王召喚-
長きに渡りホールで君臨する冥王を5.9号機として再び召喚!
三神が集う最強のJUDGEMENT「ANOTHER LEGEND」を新搭載!
 導入開始から約5年近く経った今もなお現役のロングヒットAT機、『アナザーゴッドハーデス-奪われたZEUS ver.-』の正統後継機種が登場! 本機『アナザーゴッドハーデス-冥王召喚-』は5.9号機となっており、「GOD GAME」は初期ゲーム数100ゲーム、1ゲームあたり純増2.0枚のARTへと変化。前作のゲーム性を継承しつつも、新たな自力チャンスゾーン(CZ)や上乗せ特化ゾーン、フリーズなどを新搭載しており、随所でパワーアップが施されているぞ。

 通常時は押し順黄7 or レア小役成立で有利区間へ移行!? GG抽選に関しては「通常」 「天国準備」 「天国」 「超天国」 「冥界」の5モードが存在し、最低5ゲーム保証で有利区間が継続。弱ミドルボーナス(MB)成立 or 押し順ナビが発生するまでは、非有利区間への転落はない。有利区間中にGG抽選モードが下がることはないので、レア小役などでモードアップさせてGG当選を狙おう。有利区間が120ゲームまで継続した場合はGG当選濃厚だ。

 通常時はGG抽選に並行して自力CZ「JUDGEMENT OF THANATOS(以下JOT)」の抽選も行なわれており、有利区間に移行した際はJOT抽選モードが「通常」からスタート。20ゲーム刻みで「通常 → 高確A → 高確B → 高確C → 高確D」とモードアップの抽選を行なう。高確中はハズレを含む全役でJOT突入を抽選しており、上位モードであるほど高確が転落しにくい。有利区間が120ゲームまで続けば高確D(ヘルグレイヴステージ)濃厚だ。ヘルグレイヴステージはGGが当選するまで転落ナシ。よって、有利区間が120ゲームまで続けば、GGもしくは JOTのどちらかが当選することになる。

 自力CZに関しては、前作を継承した「HELL ZONE」も搭載。こちらは内部的には強MBとなっており10Gゲーム継続する。この間に液晶上で奇数図柄が揃えばGG当選濃厚だ。背景の色による強・弱も健在で、青 → 緑 → 赤と変化するほどGG抽選が優遇されるぞ。先述のJOTに関しては、5ゲーム間GGを抽選。ここでGGが当選した場合は、上乗せ特化ゾーン「JUDGEMENT(ペルセポネ以上)」からスタートするという特典も追加される。毎ゲームVテンパイ煽りを行なう「超JOT」も存在しており、V揃い時は最強のJUDGEMENT「ANOTHER LEGEND」当選が濃厚となるぞ。特に高確Dは50%が超JOTとなるので、ヘルグレイヴステージ移行時はGG直撃ではなく、JOT経由でのGG当選に期待したい。

 GG開始時の挙動は前作とは異なり、基本的にはJUDGEMENTを介さず初期ゲーム数100ゲームからスタート。ただし先述のJOT成功時や確定役(紫7 or 冥王図柄 or GOD揃い)成立時などはJUDGEMENTからスタートする。GG中は上乗せに関するGG抽選モードが存在しており、ケルベロスモード、ペルセポネモード、ハーデスモードが同時にそれぞれ変動。各モードには「通常、高確準備、高確、超高確」の4状態があり、上位状態であるほど上乗せ発生率が上昇する。GG中のステージで、どのキャラのモードが良いか示唆されるので要注目だ。

 JUDGEMNTに関しては、前作の3つ(ケルベロス、ペルセポネ、ハーデス)に加えて、最強の特化ゾーン「ANOTHER LEGEND」を新搭載。ANOTHER LEGEND中は毎ゲームケルベロス or ペルセポネ or ハーデスのいずれかが登場し、必ず上乗せを行なう!? トータルで平均約510ゲームを上乗せするので、突入時はロングART必至となるぞ。なお、JUDGEMNT終了時は結果画面で設定を示唆することがあるのでチェックしておこう。ケルベロスが手前に迫る画面は高設定ほど出現しやすい。ハーデスが馬に乗っている画面が出現すれば設定4以上濃厚、ペルセポネのコレーver.(白い衣装を着て花束を持っている画面)出現時は設定5以上濃厚だ。
GOD図柄揃い時の挙動は、まず100ゲーム固定のGG(GODステージ)へ突入。この間もレア小役による上乗せ抽選は行なわれているが、即告知はされず100ゲーム消化後のボタンで告知。この上乗せ分を消化する前にJUDGEMENT3個を一気に消化した後で、通常のGGへ移行する。
▼ メニュー [アナザーゴッドハーデス-冥王召喚-]
(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT
パチンコ・パチスロ機種検索
パチンコ パチスロ
機種名