アクロス ドンちゃん2
6号機のA PROJECT第1弾マシンは、名機『ドンチャン2』を復刻!
ボーナス中は花火をどんどん打ち上げて高設定を探し出せ!
 2000年に導入された4号機『ドンチャン2』が約19年の時を経て、アクロスのA PROJECTにより復刻された。本機は6号機のボーナス+RTマシンで、「BIG BONUS(最大222枚獲得)」と「REG BONUS(最大104枚獲得)」を搭載。BIG後は、1ゲームあたり純増約0.3枚、22ゲーム固定のRTへと突入する。『ハナビ』とは異なり、RT中のハズシなどの延命要素はない。

 ボーナス中は多数の技術介入要素が用意されているので要注目だ。BIG中は一度だけ9枚役を獲得すれば最大枚数を獲得可能。要ビタ押しだが失敗してもリスクはないので、成功するまでチャレンジできるぞ。また、獲得枚数には影響しないが技術介入による設定推測要素も存在しており、逆押しでベルが上段受けでテンパイした時に限り、左リールに「ベル・BAR・チェリー」をビタ押しすると花火が打ち上がる。その花火の種類で設定を示唆しているので、何度も打ち上げてチェックしておこう。

 REG中は予告音発生時に1枚役を回避する簡単な技術介入で最大枚数を獲得できる(左リールに3連ドンちゃん付近を狙う)。こちらは予告音発生時に3連ドンちゃんではなく「BAR・チェリーBAR」をビタ押しできれば花火が出現(中&右リールにBARを狙って揃える必要あり)。BIG中同様に設定を示唆するので、こちらもチャレンジしておこう(ビタ押しに失敗しても、かなり遅い箇所で押さない限り1枚役の回避は可能)。また、REG中は1枚役成立の度に筒がグレードアップして設定推測の精度が上がるので、こちらにも注目だ。

 演出に関しては当時のものを極限まで再現。緑・青・赤のドンちゃん3兄弟を選択できる「選べ!ドンちゃん」も健在だ。スイカ割りや一本釣りなど、選んだドンちゃんによって異なる固有演出が発生することがあるぞ。本機はボーナス確定から液晶上で告知が発生するまで少し遅めなので、約4000通りのリーチ目と液晶演出の合わせから迅速にボーナスを察知しよう。なお、ボーナス同時当選の可能性がある小役はリプレイとチェリーのみなので、これらの小役が出現した後の挙動には注意しておきたい。
本機のユニメモはA PROJECT初の新機能を搭載。「リーチ目コレクション」は確定画面が出るまでの特定リーチ目を記録できる。「小役・演出カウント機能」は小役だけでなく、ボーナス中の花火出現もカウントしてくれるぞ。また、通常時は「出目履歴機能」により、30ゲーム前までの出現出目を閲覧可能。いつボーナスが入ったか確認する際の参考にしよう。
▼ メニュー [ドンちゃん2]
(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT
パチンコ・パチスロ機種検索
パチンコ パチスロ
機種名