岡崎産業 ワンダフルジャック
リプレイ揃いはチャンス! リプレイがハズれたら……!?
ジャックポットシリーズの最新作!
 岡崎産業から『ジャックポット』シリーズの最新作が登場した。本機『ワンダフルジャック』は、デザインとサウンドを一新しつつも、アツいリーチ目や告知演出をしっかり継承。定番の7セグ始動による告知やリプレイハズレのリーチ目に加え、本作ではリプレイの連続入賞という前兆的なパターンも追加され、リプレイがテンパイしただけでドキドキできる仕様となっている。

 ボーナスは312枚固定のBIGと最大129枚獲得のREGの2種類。BIGは適当打ち消化でOKだが、REGに関しては、最大枚数獲得のための技術介入要素が設けられている。ただし手順は簡単で、左リールの中 or 下段に10番のチェリーを目押し、残りリールは適当打ちして14枚役を1回だけ獲得するというもの。以降は14枚役を回避する必要があるので、左リールはBAR付近狙いで消化しよう。

 ボーナス告知はお馴染みの7セグで、「7」が告知されたらBIG、「3」が表示されたらBIG・REG共通となる。「7」告知は当然嬉しいが、「3」告知には重要な要素が搭載されている。「3」告知でのBIGの割合に設定差が設けられており、割合に準じて高設定に期待できるので、「3」が告知されたらボーナスの種類をチェックしておこう。また、BIG中の中段チェリー出現率にも設定差があるようなので、こちらも併せてチェックするようにしたい。
ボーナス後32ゲーム以内にBIGが当選したらサウンドが変化。赤7BIGなら「カノン」、白7BIGなら「ノクターン」となっている。
▼ メニュー [ワンダフルジャック]
(C)OKAZAKI