コナミアミューズメント 実況BINGO倶楽部
誰もが知っている単純明快なゲーム性!
リーチ状態中は対応役出現を祈れ!
 『麻雀格闘倶楽部』 『GI優駿倶楽部』に次ぐ、KPEの倶楽部シリーズ第3弾として登場した『実況BINGO倶楽部』。本機はパチスロとビンゴゲームのゲーム性を見事に融合させたマシンだ。

 スペックは1ゲームあたり純増約3枚のAT機。ATは40〜180ゲーム継続する「ビンゴボーナス」と、20ゲーム継続する「プチボーナス」の2種類だが、プチボーナスは救済機能の意味合いが強く、メインとなる出玉増加要因はビンゴボーナスとなっている。

 ビンゴボーナスには主にチャンスゾーン(CZ)「ビンゴゲーム」でビンゴを達成すると突入する。CZ中のゲーム性は、まさにビンゴゲームそのもの。消化中は入賞役に応じてビンゴカードのマスが開いていくため、次に何の小役を引けば良いかも丸分かりだ。

 ビンゴボーナス中は出玉を獲得するだけでなく、継続CZのビンゴカードを自らの手で作成する状態でもある。ビンゴボーナス中にどれだけFREE玉を獲得できるかが、その後の展開を大きく左右するため、通常時&CZ中だけでなくビンゴボーナス中のヒキも重要なポイントとなるぞ。
ビンゴカードの全てのマスが開く「ジャックポット」を達成すると、180ゲームのビンゴゲームがスタート。継続ゲーム数が長いほどFREE玉獲得期待度もアップして、継続CZでビンゴを達成する期待大だ。
(C)Konami Amusement
パチンコ・パチスロ機種検索
パチンコ パチスロ
機種名