西陣 Pおばけらんど怪XA
「おばけらんど」が高継続ST機へと化けて帰ってきた!
新登場の最恐キャラ「おまつ」出現時は大チャンス!
 西陣より『CRおばけらんど』の後継機種『Pおばけらんど怪』が登場した。『Pおばけらんど怪ZBS』 『Pおばけらんど怪ZA』 『Pおばけらんど怪XA』の3機種が同時発表されており、いずれも高継続率のSTを搭載したV確ST機となっている。

 『〜ZBS』と『〜ZA』の違いは台枠のみで、スペックは全く同じ。大当り確率319.69分の1のミドルスペックで、初当りの50%で100回のST「絶叫RUSH」へ突入する。ST中に大当りを引ける割合は約92%と非常に高く、電チュー大当りは全て確変大当りになるため、一旦STへ突入させれば約92%で大当りがループすることになるぞ。初当りが通常大当りだった場合は、100回の時短「チャンスタイム」へ突入する。ここで大当りを引き戻せた場合はST突入濃厚だ。

 『〜XA』は大当り確率199.80分の1のライトミドルスペックで、基本的なゲームの流れは『〜ZBS』や『〜ZA』と同じ。ただしST・時短ともに回数が半分の50回となっている。ST中の引き戻し期待度は約90%とミドル版と遜色ないものになっているので、こちらもSTのロングループに期待できる仕様だ。

 通常時や時短中の演出に関しては、大半が前作のものを継承。「お花ちゃんリーチ」など、前作でもお馴染みのキャラリーチは、後半に発展すればチャンスとなる。「おまつ出現」 「怪ランプ予告(赤点灯)」 「オカルト演出」 「叫子フラッシュ」の「4大激怪演出」発生時は大チャンス! 特に本機から新たに加わった呪いの人形「おまつ」は大チャンスキャラとなっており、保留や予告・リーチ中など、様々な場面で出現の可能性がある。おばけが主役だが基本的にコミカルなキャラが活躍する本機において、全く世界観の異なる恐怖度全開のキャラとなっているので必見だ。
演出の大半は前作を継承しているが、役モノ周りは一新。提灯役モノに代わって用意された「火の玉輪廻役モノ」が落下すると、本機最強リーチである「呪いの人形リーチ」発展のチャンス!?
(C)NISHIJIN
パチンコ・パチスロ機種検索
パチンコ パチスロ
機種名