メーシー SLOT劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語
超ロングヒットマシンの正統後継機種が登場!
差枚数管理のATに生まれ変わった「マギカラッシュ」を搭載!
 2013年の導入開始以来、今なおホールのメイン機種として現役稼動を続ける超ロングヒット機種『SLOT魔法少女まどか☆マギカ』。その正統後継機種となる『SLOT劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』がメーシーより登場した。本機は2種類の擬似ボーナスと差枚数管理のAT「マギカラッシュ」を搭載したAT機(1ゲームあたりの純増枚数は3.0枚)。初代同様に、擬似ボーナスからAT突入を目指すゲーム性となっている。

 通常時は、まず有利区間移行時に滞在モードを「通常モード」 「チャンスモード」 「悪魔モード」の中から決定。モードによってボーナスが当選しやすいゲーム数や恩恵が異なっている。主なボーナス当選契機は、「ゲーム数消化」 「レア小役成立時」 「自力チャンスゾーン(CZ)による当選」の3つ。「記憶の回廊」に移行すれば前兆のチャンスとなる。スイカ成立時はCZ「干渉遮断フィールド」への突入を抽選。上位版の「キュゥべえチャレンジ」なら突入した時点でボーナス濃厚で、演出成功時は「エピソードボーナス」当選となるぞ。

 初当りのメインである「マギカボーナス(20ゲーム継続・純増約60枚)」中は、ソウルジェムのランクアップを抽選。ボーナス後に発生する「マギカチャレンジ」にて変身成功すればAT突入となる。エピソードボーナスは40ゲーム継続・純増約120枚の上位版ボーナスで、当選した時点でAT突入が確定。さらにボーナス中は差枚数上乗せの抽選も行なわれる。エピソードの種類によっては上乗せ特化ゾーンもプラスされるぞ。

 AT初当り時は「ホーリークインテット」からスタートして初期枚数を獲得。計5回キャラが登場し、キャラによって異なる方法で上乗せを行なう(最低でも合計100枚上乗せの保証あり)。AT中はレア小役で差枚数上乗せやボーナス、上乗せ特化ゾーンを抽選。さらにAT中に限りベル回数テーブル(通常モード、チャンスモード、天国モード、引き戻しモードの全4種類)の概念も加わるので、レア小役を引けなくても上乗せチャンスが到来する。また、AT中に「高確率」へ移行すると、ボーナスや上乗せ特化ゾーン当選のチャンス。「超高確率」移行時はマギカボーナス以上が確定する!?

 上乗せ特化ゾーンは「ほむらvsマミ」 「くるみ割りの魔女」 「悪魔ほむらゾーン」の3つを搭載。ほむらvsマミはメインの上乗せ特化ゾーンで、20ゲーム+α間上乗せを抽選。「時間停止ゾーン」に移行すれば減算ストップ&上乗せ性能がアップするので大チャンスだ。くるみ割りの魔女は、「ワルプルギスの夜」のゲーム性を継承した上乗せ特化ゾーン。まどかが倒れなければ差枚数上乗せ&次セット継続となる。追撃上乗せも健在で、5の倍数セットで継続すれば必ず発動する!? 悪魔ほむらゾーンは20ゲーム間で毎ゲーム上乗せが発生する、本機最強の特化ゾーンとなっている。

 他にも、プレイヤーにとって嫌なことが起こると「穢れ」が蓄積される「穢れシステム」を搭載。穢れ発動時はくるみ割りの魔女へ突入するので、穢れが溜まっていそうな台は狙い目だ。初代のゲーム性を踏襲しつつも、様々な新要素を加えた本機。シリーズ最速の純増3.0枚ATによる、新生まどかスペックを堪能しよう。
ATの差枚2000枚が確約された状況になると「円環の理」に移行。2000枚獲得後にエンディング「再改変された世界」へ突入し、400枚獲得でATが終了する(有利区間1500ゲーム到達時は、獲得枚数が2400枚未満でもAT終了)。
▼ メニュー [SLOT劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語]
(C)Magica Quartet/Aniplex・Madoka Movie Project Rebellion
[Music] Licensed by Aniplex Inc. Licensed by SACRA MUSIC
(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT
パチンコ・パチスロ機種検索
パチンコ パチスロ
機種名