Sammy デジハネPあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
「あの花」のパチンコに待望のデジハネバージョンが登場!
通常の大当り抽選以外にも大当り&龍勢RUSH突入ルートが存在!
 2019年7月に導入された『Pあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』のデジハネバージョン『デジハネPあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』が登場した。本機は1種2種混合機で、ライトミドル版のゲーム性を継承した甘デジ。大当り確率が高くなった分、より遊びやすいスペックになっている。

 通常時の大当りは「あのはなBONUS」と「かくれんぼBONUS」の2つで、いずれも4ラウンド大当りとなる。90%を占める前者は、終了後に時短1回+残保留最大4個の「かくれんぼちゃんす」に突入。残る10%のかくれんぼBONUSは「龍勢RUSH」突入が約束されているぞ。

 かくれんぼちゃんす突入時は、まず右打ちして電チュー保留を4個溜めよう。電チュー保留は小当り≒大当りとなる為(V入賞が条件)、実質大当り確率が約9.54〜9.37分の1にアップ。ここで大当りを引ければ龍勢RUSHに突入する。かくれんぼちゃんす中に大当りを引ける割合は約42.5〜43.1%となっている。

 龍勢RUSH突入契機には、大当り抽選とは別軸の「あのはなちゃんす」も用意されている。こちらは通常時に電チューのロング開放が当選すると発生。この間に右打ちをして保留を溜めれば、「かくれんぼちゃんす」同様に高確率で大当り抽選を受けることとなる。保留最大4個での大当り期待度は約35.8〜36.3%だ。

 龍勢RUSHは時短7回+残保留4個=計11回のチャンスあり。演出は本機完全オリジナルの夏祭りが舞台となっており、花火が打ち上がれば図柄テンパイ=大当りのチャンスとなる。打ち上げ花火が成功すれば大当り&龍勢RUSH継続となるのだが、失敗しても他のリーチに発展するチャンスが残されているぞ。龍勢RUSHの継続率は約70%オーバーと高く、大当り振り分けは10ラウンドが80%を占める。甘デジながらも、ライトミドルに劣らない出玉の瞬発力を備えていると言えるだろう。

 通常時の注目演出は「ずっとなかよしゾーン」 「リバースフラワー予告」 「かくれんぼリーチ」 「キリン柄」の4つ。特に本機最強リーチである「かくれんぼリーチ」は、当たれば龍勢RUSH直行のかくれんぼBONUS当選濃厚だ。最高の出玉と感動の物語を体感しよう。
龍勢RUSHは演出モードの選択が可能。「ノーマルモード」 「プレミア率アップモード」のほか、花火玉のポイントが非表示となる「シークレットモード」、全演出の登場キャラが“めんま”に変化する「はっぴーめんまモード」の全4種類が存在。はっぴーめんまモードはラウンド中の全エピソード開放後に選択できるモードとなっている。
▼ メニュー [デジハネPあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。]
(C)ANOHANA PROJECT (C)Sammy
パチンコ・パチスロ機種検索
パチンコ パチスロ
機種名