エンターライズ 新鬼武者〜DAWN OF DREAMS〜
6号機の新鬼武者が極限バトルシステムを搭載して登場!
バトルで2敗しない限りATがループし続ける!
 エンターライズより登場した『新鬼武者〜DAWN OF DREAMS〜』は、1Gあたり純増約3枚のATを搭載したAT機。3回のバトルで2敗しない限りATがループし続ける「極限バトルシステム」を採用している。

 初当り契機は「レア小役による直撃」 「規定ゲーム数消化」 「自力チャンスゾーン『目覚めよ鬼』経由」の3つ。メイン契機であるレア小役による直撃は、内部モード(低確 or 高確 or 超高確)が影響しており、夜ステージに移行すれば超高確滞在の期待大だ。規定ゲーム数消化に関しては「89〜96」、「200〜215」、「365〜380」および「777ゲーム」がチャンス。規定ゲーム数に達すると前兆を経てボーナス当選となるぞ。自力チャンスゾーンの「目覚めよ鬼」は非前兆中のスイカで突入を抽選。10ゲーム+α継続し、キャラが開眼すればボーナス濃厚となる。

 初当りのメインは「鬼ノ試練」で、バトルに3連勝できれば特化ゾーン+メインAT当選!? 「幻魔闘BONUS」のループに突入する。幻魔闘BONUSは3回の幻魔京バトル(1バトルは13ゲーム)が発生するメインATで、初当りからの直行もアリ。先述の通り、3回のバトルで2敗しない限り幻魔闘BONUS以上がループする。2連勝である必要は無いので、最初や途中で1敗してもOKだ。3戦全勝時は必ず特化ゾーンへ突入するぞ。

 BAR揃いの「極限極闘BONUS」当選時は大チャンス。勝利期待度約75%のFINAL BATTLEに勝利できれば「極限一閃」へ突入し、「幻魔闘BONUS以上+蒼剣乱舞 or 蒼剣乱舞覚醒」濃厚。大量Vストックのチャンスとなる。

 Vストック特化ゾーンは「追想ノ舞」 「蒼剣乱舞」 「蒼剣乱舞覚醒」の3種類。最上位の特化ゾーンである蒼剣乱舞覚醒なら、平均約8個のVストックが期待できるぞ。Vストック使用時の幻魔闘BONUSは、既に2勝している状態からスタート。幻魔闘BONUSのループが約束されている上、あと1勝できれば特化ゾーン突入もプラスされるので、ボーナスがボーナスを呼ぶ仕様となっているのだ。
AT中に特定条件を満たすとエンディングへ突入。有利区間完走までATが継続する!?
▼ メニュー [新鬼武者〜DAWN OF DREAMS〜]
(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
パチンコ・パチスロ機種検索
パチンコ パチスロ
機種名