アクロス 沖ドキ!2-30
初代のゲーム性を踏襲した正統後継機が6号機で登場!
純増枚数はシリーズ最速の1ゲームあたり約4.0枚!
 沖ドキ!シリーズ最新作が待望のデビュー! 本機『沖ドキ!2-30』は、1ゲームあたりの純増約4.0枚のATである擬似ボーナスによってコイン増加を目指すAT機。ボーナスはBB(55ゲーム継続、約220枚獲得)と、RB(15ゲーム継続、約60枚獲得)の2種類存在する。基本的なゲーム性と内部システムは概ね初代・沖ドキ!と同じで、レバーON時にハイビスカスランプが点滅すればボーナス当選! ボーナス後32ゲーム以内は連チャンのチャンスとなる。

 もちろん、ボーナス中のBB1ゲーム連システムも健在で、「カナちゃんランプ」が点灯すればBB1ゲーム連当選だ。前作までと同様、予告音発生時は第3停止までストップ音変化が継続することを祈ろう。

 通常時の内部モードは「非有利区間」 「通常モードA」 「通常モードB」 「チャンスモード」 「天国準備モード」 「終了モード」 「保証モード」 「天国モード」 「ドキドキモード」 「超ドキドキモード」の10種類存在し、保証モード以上ならボーナス後32ゲーム以内のボーナス当選濃厚。ドキドキモードは80%以上、超ドキドキモードは90%以上でループするため、移行すれば大量獲得必至! また、(超)ドキドキモードはループに漏れても必ず保証モードに移行するため、最低でも3回のボーナス当選が約束される。

 ハイビスカスランプの点滅パターンで次回モードを示唆するほか、今作では「投入ランプ示唆演出」といった新たなモード示唆演出も搭載している。ボーナス後33ゲーム以降も投入ランプの色が黄のままだと天国準備モード以上濃厚。通常時のリプレイ入賞時に黄に変化する回数が多いほど通常モードB以上の可能性アップとなるため、立ち回りに役立てて頂きたい。
ボーナス告知発生後の7テンパイ時に、スペシャルテンパイ音が発生すればBB&次回天国モード以上の期待度がアップする。テンパイ音も必ずチェックしよう。
(C) UNIVERSAL ENTERTAINMENT
パチンコ・パチスロ機種検索
パチンコ パチスロ
機種名