Daiichi パチスロ うしおととら 雷槍一閃
ボーナス・AT紹介
spacer うしとらチャンス
spacer
真うしとらチャンス
spacer
▲初当りのメインとなる疑似ボーナスで、1Gあたり純増約2.7枚のATで構成。10ゲーム+α継続し、ボーナス中は小役でAT「うしとRUSH」を抽選する。とらと出会えればAT当選だ。ボーナス後は「遠野妖怪戦道行」へ突入するので、出会えなくてもチャンスは残されているぞ。上位版の「真うしとらチャンス」なら当選した時点でAT濃厚。消化後は「櫛削りノ儀」へ突入する。
spacer 遠野妖怪戦道行
spacer
spacer
うしおミッション
とらミッション
spacer
▲うしとらチャンス終了後に突入する、13ゲームのチャンスゾーン。うしおミッション or とらミッションのどちらかに発展し、ミッション成功でAT「うしとRUSH」突入濃厚となる。ミッション中はリプレイ or リリベ成立でチャンス。とらミッションが選ばれた場合はその時点で大チャンスだ。
spacer 櫛削りノ儀
spacer
spacer
▲真うしとらチャンス後に突入。この時点で継続率50%以上のAT当選濃厚だが、最大5回の連続演出が発生し、1人成功するたびに継続率が上昇。5人成功で継続率MAXとなる(失敗時は櫛削りノ儀終了)。
spacer うしとRUSH
spacer
spacer
決戦の刻
決戦の刻
白面バトル
spacer
▲1Gあたり純増約2.7枚のセットストック&ループタイプAT。初当り時はまず30ゲームのオープニングからスタート。以降はメインパートの「決戦の刻(20ゲーム+α継続)」とAT継続をかけた「白面バトル(8ゲーム)」がループする。白面バトルでは、うしおが倒されなければ継続濃厚。AT継続率は25〜89%だ。継続のカギを握るのが、レア小役やリリベなどを契機に獲得できる「絆玉」で、9個貯まるとVストック獲得=白面バトル継続濃厚となる。Vストックが無い場合は継続率に応じて継続抽選を行なう。継続抽選にハズれたとしても、白面バトル最終ゲームでは絆玉の数だけ逆転復活抽選を行なうので、絆玉が多いほどチャンスだ。白面バトル中はうしおが攻撃すればその時点で勝利濃厚。他にも「掛け合いのキャラ」 「バトル開始画面(青 → 緑 → 赤)」 「攻撃の種類(クリティカルHIT発生で追加Vストック!?)」 「復活時の演出(継続率を示唆)」といったポイントに注目しよう。なお、3ラウンド目と7ラウンド目はチャンスステージ突入の期待大に!?
spacer 絆高確率
spacer 7揃い高確率
spacer 冥府魔道高確率
spacer
spacer
spacer
▲主にAT中の弱レア小役で突入を抽選。10ゲーム間、絆玉確率が約2.7分の1にアップする。
▲主にAT中の強レア小役で突入を抽選。10ゲーム間、ボーナス(7揃い)確率が約17.4分の1にアップする。
▲「絆高確率」と「7揃い高確率」が重なると突入。10ゲーム間、冥府魔道ATTACKの高確率状態となる。期待度は約35%だ。
spacer うしとらBONUS
spacer
超うしとらBONUS
spacer
▲AT中の狙えカットインから白7が揃うと当選濃厚の30ゲームの疑似ボーナス。平均約2.2個の絆玉を獲得できる。ボーナス後はAT当該ラウンドの1G目に巻き戻されるので、ATとボーナスのループに期待しよう。狙えカットインから青7が揃った場合は上位版の「超うしとらBONUS」当選。こちらは平均約3.7個の絆玉を獲得できる上、Vストック確率が大幅アップするぞ。
spacer 最終決戦チャレンジ
spacer
spacer
▲9ラウンド目のバトルは最終決戦チャレンジとなり継続濃厚。ここで「大勝利」できれば89%ループへと昇格するので、ロング継続の可能性大となる。
spacer 冥府魔道ATTACK
spacer
spacer
▲主に冥府魔道高確率から突入する最強特化ゾーン。液晶上部にある「閃撃センサー」を30秒間触り続けてVストックを獲得する。虹色のVなら2個以上の扱いに!? トータルの平均ストック数は約6個。さらに連続性も有している模様。
spacer 雷槍一閃
spacer
spacer
▲絆玉9個獲得時の一部で突入する特化ゾーン。8ゲーム継続し、毎ゲーム約3分の1でVストックを獲得できる。カットイン発生時はチャンスだ。トータルの平均ストック数は約3.5個。
spacer 激槍慟哭ZONE
spacer
spacer
▲AT終了後に必ず突入する、13ゲームの引き戻しゾーン。期待度は約33%。レア小役でチャンス、7揃いは超チャンス!? 突入時のステージが赤いと大チャンスだ。
▼ メニュー [パチスロ うしおととら 雷槍一閃]
原作/藤田和日郎「うしおととら」(小学館刊)
(C)藤田和日郎・小学館/「うしおととら」製作委員会