ビスティ 新世紀エヴァンゲリオン 〜魂の共鳴〜
継続率約93%の暴走ボーナスがどれだけ続くかがカギ!
超暴走モード&超覚醒ボーナスは完走濃厚!
 パチスロ『エヴァンゲリオン』シリーズの最新作『新世紀エヴァンゲリオン 〜魂の共鳴〜』がビスティより登場。本機は暴走ボーナスと覚醒ボーナスの2種類のATで出玉増加を目指すAT機。ATは1Gあたり純増約3.4枚で、大半がCZ「ゼルエル決戦」を経由して突入する(通常時からAT直撃ルートもあり)。

 通常時は主にレア小役でチャンスゾーン(CZ)突入を抽選するが、そのレア小役出現をアシストするのがシンクロシステムである。シンクロレベルは基本状態・レベル1・レベル2・レベル3の4種類あり、リプレイ成立時に液晶左下のシンクロ率がアップするほど、押し順チャンス目入賞のナビ発生率がアップ。結果的に、シンクロ率アップはCZ突入率アップに繋がるという訳だ。なお、メーターは保証ゲーム数(約10〜30ゲーム)を消化すると1段階下がる。

 シンクロ率はCZ中も重要な役割を果たし、シンクロ率がアップするほど押し順チャンス目出現率がアップ。敵に大ダメージを与えやすくなる。つまり、通常時もCZ中もシンクロ率は非常に重要といえる。

 メインATの暴走ボーナスはまず30ゲームのATからスタートし、終了後に暴走モードに突入する。そしてST区間の暴走モードとAT区間の暴走ブーストのループによってコインが増加していく。継続率は約93%だ。そして、超暴走モードに昇格した場合は、継続率が99.9%となるため完走濃厚となる。

 覚醒ボーナスは差枚数管理型のAT。初期枚数は100枚で、ロンギヌスの槍が発生すると差枚数上乗せを獲得できる(最低2回の上乗せ保証あり)。覚醒ボーナス終了後は暴走ボーナスに突入するため、突入時は大量獲得に繋がりやすい。そして、超覚醒ボーナスに昇格した場合は、500枚上乗せ+上乗せ性能大幅アップとなるため、超暴走ボーナス同様、完走濃厚となる。
ダミーシステムはシンクロレベル3濃厚! 移行時は押し順チャンス目を引きまくりたい。