山佐ネクスト パチスロ ゼーガペイン2
ゼーガペインのパチスロ第2弾が約9年ぶりに登場!
AT「ゼーガラッシュ」は100ゲーム+αの上乗せ型AT!
 SFロボットアニメ「ゼーガペイン」のパチスロ第2弾が約9年の時を経て登場した。本機『パチスロ ゼーガペイン2』は、リアルボーナスを搭載したボーナス+AT機。AT「ゼーガラッシュ」は1Gあたり純増約1.2枚(ボーナス分を除く)のATで、初期ゲーム数は100ゲームからスタート。初期ゲーム数が多い上に、多彩な上乗せ契機も用意されており、AT駆け抜け終了が起こりにくい仕様だ。

 通常時は2つのルートでCZ突入を目指す。規定ゲーム数消化(50ゲーム刻み)を機に移行するCZ前兆「冬の舞浜」、レア小役を機に移行するCZ前兆「殲滅アタック」のどちらかに移行すればCZ突入のチャンスだ。これらの前兆中にボーナスを引いた場合はCZ突入濃厚となる。

 CZ「キョウ覚醒ゾーン」は、前作と同じくレベルアップする度に報酬を獲得して残りゲーム数をリセット。「AT当選 → ゼーガアタック → バニッシュメントモード → セブンインパクト」と、AT当選後も上乗せ特化ゾーン獲得を狙えるぞ。CZ中は全役でレベルアップを抽選しており、その期待度は常に約30%。強チェリー or ボーナス成立時はレベルアップ濃厚だ。高レベルになるほどレベルがアップしにくい・・・といったこともないので、ヒキ次第では最上の状態からATをスタートできる、夢のあるCZとなっている。

 ボーナスは「リザレクションボーナス(203枚固定)」と「ゼーガボーナス(約100枚獲得)」の2種類。ボーナス中はATではなくCZ突入を抽選しており、既にCZが当選している状態だとレベルアップを抽選するぞ。これはAT中のボーナスに関しても同様となっている。

 AT「ゼーガラッシュ」中はレア小役でゲーム数直乗せを抽選。主にハズレで獲得するゼーガポイントがMAXになると、上乗せ特化ゾーン「バニッシュメントモード」 or 「セブンインパクト」、もしくはその両方を抽選する。ポイントMAXに要する平均ゲーム数は約75ゲームなので、ATに突入すれば最低でも1回はチャンスが訪れることになる。

 バニッシュメントモードは10ゲームの上乗せ特化ゾーンで、ベル or レア小役成立で上乗せ濃厚。ここで当選したボーナスは、毎ゲーム上乗せ濃厚の「バニッシュメントモードEX」に変化するため、思わぬ大量上乗せに繋がることも!? セブンインパクトは前作でもおなじみの最強上乗せ特化ゾーン。7揃いが0G連で発生する大量上乗せ必至の特化ゾーンとなっている。なお、AT中のCZは「シズノ覚醒ゾーン」となり、ゼーガアタックから抽選。スタート地点が異なるだけで、ゲーム性はキョウ覚醒ゾーンと同じになっている。こちらも完全覚醒(セブンインパクト当選)を目指そう。
連続演出発生時はタイトルの色に注目。「青 → 赤 → ケロット柄」の順で期待度がアップする。ケロット柄は山佐の機種ではおなじみの大チャンス柄だ。
▼ メニュー [パチスロ ゼーガペイン2]
(C)サンライズ・プロジェクトゼーガ
(C)サンライズ・プロジェクトゼーガ ADP
(C)YAMASA (C)YAMASA NEXT