SANKYO Pフィーバーからくりサーカス
モード&大当り紹介
spacer からくりFEVER
spacer FEVER
spacer
spacer
spacer
▲通常時の7図柄揃いで当選する10ラウンド大当り。消化後は「からくりRUSH」突入となる。からくりRUSH中は「からくりFEVER」が大当りの約50%を占めており、7以外の図柄揃いで当選する。
▲通常時に7以外の図柄が揃うと当選する10ラウンド大当り。ラウンド中に「からくりチャレンジ」が発生し、成功すればからくりRUSH突入、失敗で非突入(通常状態)となる。演出は2種類を選択でき、「全員集合」はボタンで全キャラが集合できれば成功だ。キャラクターの登場順に注目しよう。序盤で鳴海が登場すれば超チャンス!? 「完全告知」はラウンド中に告知が発生すれば成功。特定のカウント数で告知が発生しやすい!?
spacer からくりRUSH
spacer
spacer
▲初当りの約74%で突入する37回+残保留4個の時短モード。ここで大当りを引ける割合は約60.2%で、大当りは2種類。超からくりFEVER3000当選なら超からくりRUSH突入、からくりFEVER当選でからくりRUSH継続となる。両者の比率は1:1だ。
spacer 超からくりFEVER3000
spacer
spacer
spacer
▲からくりFEVER開始時にブラックアウトが発生すると超からくりFEVER3000に昇格。消化後は時短10000回の超からくりRUSH∞へ突入するため、10ラウンド大当り2回獲得がほぼ約束される。さらに2回目の大当り後は超からくりRUSHへ突入するぞ。この大当りは主にからくりRUSH中に当選するのだが、通常時でも約1%の振り分けで当選する可能性アリ。この場合も10ラウンド大当りを2回獲得した後に超からくりRUSHへ直行する。
spacer 超からくりRUSH
spacer
spacer
▲超からくりFEVER3000当選を機に突入する上位RUSH。時短回数は70回+残保留4個となり、ループ率は約81.0%となる。ここでの大当りは10ラウンド+超からくりRUSHのみなので、大当りを引き続ける限りループするぞ。発生する演出はからくりRUSH中と同じだが、回転数に応じて演出バランスが変化。50回転までは高速当り系の演出がメイン、後半の51〜66回転はリーチ系演出の比率が高くなる。なお、最終変動と残保留消化中に当たった場合はからくりRUSH中の振り分けとなるため、からくりRUSHに転落する可能性もある。
▼ メニュー [Pフィーバーからくりサーカス]
原作/藤田和日郎「からくりサーカス」(小学館少年サンデーコミックス刊)/(C) 藤田和日郎・小学館/ツインエンジン
Licensed by Sony Music Labels Inc.