SANKYO Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア3黄金絶唱
ライトミドルの金字塔、シンフォギアのパチンコ第3弾が登場!
過去シリーズのゲーム性を踏襲しつつも多数の新要素搭載で大幅進化!
 人気アニメシリーズ「戦姫絶唱シンフォギア」のパチンコ第3弾『Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア3黄金絶唱』が登場した。今作はテレビシリーズの3期「戦姫絶唱シンフォギアGX」と、4期「戦姫絶唱シンフォギアAXZ」をフィーチャー。おなじみの演出法則はそのままに、全演出を一新。C時短や上位RUSHの搭載など、元の完成されたゲーム性を損なわずに、様々な新要素を盛り込んでパワーアップしているぞ。

 スペックは大当り確率199.8分の1のライトミドルで、1種2種混合タイプ。初当りから突入する「最終決戦(時短1回+残保留4個)」で大当りを引いて、「シンフォギアチャンス黄金」突入を目指す突破型のゲーム性を継承している。ただし、今作では初当りの約26%でシンフォギアチャンス黄金へ直行。最終決戦の突破率は前作同様に約50%のままなので、トータルすると初当りの約63%でRUSHへ突入することになる。また、残保留消化中はC時短を抽選。当選時は時短250回のシンフォギアチャンス黄金へ突入するため、次回大当り獲得が濃厚となる。

 シンフォギアチャンス黄金は7回+残保留4個の時短モード。時短回数は250回の可能性もあり、その場合はリザルト画面で響が登場してV-STOCK発生。次回大当り獲得濃厚となる。今作では10ラウンド大当り以外でもチャンスがあるため、最後の最後までRUSH継続の期待が持てるぞ。もちろんシンフォギアチャンス黄金の残保留でもC時短を抽選している。リザルト画面では「流れ星発生(大当り引き戻し)」 「時短250回に延長」 「C時短当選」の3つに期待しよう。

 新たに搭載された上位RUSH「70億の絶唱FEVER」は250回の時短モード、実質次回大当り獲得濃厚。ここでの大当りは「70億の絶唱FEVER継続」または「シンフォギアチャンス黄金へ転落」のどちらかとなり、ループタイプの時短へと変化する。継続率は約70%。終了してもシンフォギアチャンス黄金へ戻るので、さらなる連チャンにも期待できるぞ。突入契機は「絶唱図柄揃い大当り(10ラウンド)」で、その振り分けは約2.5%と低い。ただし右打ち中に特図当りを引いた場合に限り、突入率が50%へと大幅アップ。小当り経由の大当りだと突入率は約0.6%なので、右打ち中の特図当りが突入のメインルートと考えてよいだろう。

 シンフォギアチャンス黄金(時短7 or 250回)と70億の絶唱FEVER をトータルしたRUSH継続率は約82%。右打ち中の10ラウンド比率も50%と高く、今作のRUSHはシリーズ最高の爆発力を秘めているぞ。

 通常時の演出に関しては、おなじみの3大キーポイント演出「絶唱ゾーン」「聖詠演出」「絶唱演出」のいずれかが発生すると大チャンス。これらの演出にも新たなチャンスアップが用意されているので要注目だ。また、新搭載のギミック「アクシアの風」にも注目だ。こちらは筐体上部のギミックから風が吹くという演出で、発生時は超チャンスとなる。プレイ中は液晶だけでなく頭上にも注目しておきたい。
時短終了後は専用の演出モード「アクシアの風モード」からスタートする。ここでは専用のリーチが発生。エフェクトの色(青 → 緑 → 赤 → 金)に注目しよう。
(C)Project シンフォギアGX
(C)Project シンフォギアAXZ