銀座 P七つの大罪2
BURSTシステムで一撃大量出玉を狙え!
残保留でのみ抽選されるST回復も重要!
 『P七つの大罪2』はミドルタイプの1種2種混合機。初当り時は77.7%、右打ち中の大当り後は100%の割合でST7回(時短3回+残保留4個)の「Seven Deadly Sins(RUSH)」に突入。RUSH継続率は約77%(C時短を含む)となっている。

 本機は残保留消化時のみ抽選されるC時短を搭載。C時短当選時は出玉こそないものの、STが残り7回に再セットされるので、RUSHのロング継続には欠かせない要素といえる。

 そして、最大の特徴といえるのが「BURST SYSTEM」だ。RUSH中の図柄揃い後はBURST発生のチャンスとなり、BURSTが発生すればV(10ラウンド大当り)を上乗せ。つまり、BURST発生のたびに約1500個ずつ出玉が加算されていくのである。BURSTは約38.5%でループするので、一撃大量獲得に期待できるという訳だ。

 なお、BURSTが発生しようとしまいと、RUSH中の大当り後はST7回から再スタート。RUSH中の大当りは全て10ラウンドなので、BURSTなしでの出玉獲得にも十分期待できる仕様となっている。
BURST発生時は一度に2つ以上のVを上乗せすることも! BURST時はストック数にも注目しよう。
(C)鈴木央・講談社/「七つの大罪」製作委員会・MBS
(C)鈴木央・講談社/「七つの大罪TVSP」製作委員会・MBS
(C)鈴木央・講談社/「七つの大罪 戒めの復活」製作委員会・MBS
(C)鈴木央・講談社
(C)Sammy