Daiichi P神・天才バカボン〜甘神SPEC〜
『P神・天才バカボン〜神SPEC〜』が遊びやすいスペックとなって登場!
ミドル版のゲーム性を継承しつつ初当り確率や神鬼RUSHのループ率がアップ!
 2021年秋に導入された『P神・天才バカボン〜神SPEC〜』に、新スペック『P神・天才バカボン〜甘神SPEC〜』が登場した。本機は2種タイプのライトミドルスペックで、ゲーム性はミドル版を継承。初当り確率が高くなって遊びやすくなったほか、上位RUSHである「神鬼RUSH」のループ率はミドル版よりも高くなっているぞ。

 初当りはオール3ラウンド。72%で鬼RUSHへ突入する。鬼RUSHは30回+残保留4個の時短で、大当り確率が44.8分の1にアップ。約53.6%でループに期待できる。右打ち中の大当りは10ラウンドのみとなるので大量出玉獲得のチャンスだ。ここでポイントとなるのが時短の振り分けで、大当りの33%で1031回+残保留4個の時短「超特訓」へ突入。実質次回大当り獲得濃厚となる上、超特訓中の大当り消化後は81回+残保留4個の時短「神鬼RUSH」へ突入するぞ。残りの67%は鬼RUSH継続だ。

 神鬼RUSHはループ率約85.3%を誇る最上位モードで、神鬼RUSH中の大当り後は神鬼RUSH継続濃厚となる(最終変動+残保留消化中に限り鬼RUSH中の振り分けと同等なので、鬼RUSH突入の可能性あり)。鬼RUSHで大当りをループさせつつ、大連チャン必至の神鬼RUSH突入を目指すのが、本機における大量出玉獲得のメインルートといえるだろう。

 通常時の演出に関しては「白ウナギイヌ白熱予告」 「BAKA特訓予告」 「てんとう虫柄」 「ウナギイヌ&本官&レレレ群予告」の4大バカ予告に注目。いずれも発生時は大当りの期待大だ。他にも「イエローパパ」や「マルチチャンス」といったシリーズおなじみの大チャンス演出も健在。リアル頭身のバカボン親子が鬼討伐に挑む「オニガシマ上陸作戦リーチ」は、発展しただけで期待大の本機最強リーチとなっている。
神鬼RUSHで3連チャンすると「完熟!桃ランプモード」が選択できるようになる。桃ランプが光れば大当り濃厚のモードで、背景が夕方や夜に変化するとチャンス!?
▼ メニュー [P神・天才バカボン〜甘神SPEC〜]
(C)赤塚不二夫/ぴえろ