KPE スロドル
女性パチスロライター達との異色コラボマシンが登場!
AT「スロドルフェスティバル」は数字の単位で期待獲得枚数が大きく変動!
 人気女性ライターとの異色コラボマシン『スロドル』がコナミアミューズメントより登場した。本機は8人の人気女性ライター達が「スロドル」となり、実写映像で出演。メインとなるスロドルはプレイヤーが任意に選択可能で、通常時もAT中も常に推しのスロドルが活躍してくれるぞ。

 通常時は3枚役 or リプレイ or レア小役で「いいね」を獲得して、規定数に達すると自力CZ「バトルチャンス」へ突入する周期抽選を採用。最大1000万いいね獲得でCZへ突入する。画面周囲にピンクのエフェクトが発生したり、前兆ステージ「ヒートアップゾーン」へ突入すれば前兆のチャンスだ。CZ終了後は「いいね」の数がリセットされてしまうが、フォロワーがいれば周期開始時にフォロワー数+αの「いいね」を獲得できるぞ。フォロワーはAT突入まで減ることがないので、周期を重ねるほどCZ突入が近づきやすくなる仕様だ。

 「いいね」やフォロワーの獲得特化ゾーンも存在。「バズタイム」は5ゲーム+終了目が出現するまで継続。「癒したいむ」は1セット10ゲーム、STタイプのポイント獲得特化ゾーンとなっている。どちらもヒキ次第ではAT直行となる可能性もあるぞ。

 バトルチャンスは5ゲーム継続するAT期待度25%の自力CZ。スロドル同士が対決し、推しのスロドルが勝てばAT当選となる。リプレイ or レア小役成立時はチャンス!? 対決する種目にも注目しよう。

 スロドルフェスティバルは1Gあたり純増約3枚のAT。セット開始時に「メロメロ目押しCOMBO」で上乗せを行うのだが、ここで重要となるのが上乗せされる数字の「単位」だ。本機のATは「差枚数管理」 「ゲーム数管理」 「ベルナビ回数管理」 「リプレイナビ回数管理」の4モードを有しており、数値が同じでも単位が変わると期待獲得枚数が大きく変動する。例えば「10枚」ならそのまま10枚獲得となるが、「10ゲーム」なら約30枚獲得と3倍にアップ。「ベルナビ10回」なら5倍の約50枚獲得、「リプレイナビ10回」なら22倍の約220枚獲得、と同じ数字でもAT性能が大きく変わるのだ。上乗せの数字が大きいほど良いのはもちろんだが、どの単位となるかにも注目しよう。

 AT中は成立役に応じて上乗せやステージアップなどを抽選。上乗せ当選時は必ず「グレードアップチャンス」が発生して上乗せ単位の昇格を抽選する。特に3桁上乗せ当選時は気合の入れ所だろう。他にも、3枚役で獲得するライトアップポイントが10ptに達すると「ライトアップチャンス」が発生して上乗せを抽選するので、レア小役を引けなくても上乗せのチャンスはあるぞ。

 AT終了後は5ゲーム+αの「アンコールチャンス」へ突入してAT引き戻しを抽選。4連続で引き戻しに成功すると「カリスマモード」へ突入し、直ATが80%でループ(※)するようになる。

 他にも強力な出玉トリガーは用意されており、「フェスティバルボーナス」当選時はリプレイナビ100回を獲得してATがスタートする。「トップスターモード」突入時はATを大量ストック!? また、有利区間完走によるエンディング後はカリスマモード突入濃厚となるので、ATのループがさらなる大量出玉を呼ぶ可能性もあるぞ。

※設定1におけるカリスマモード滞在中の通常時30G以内にATが当選する期待度(コナミアミューズメント社調べ)
リールロック発生時は、1段階目が弱レア小役対応、2段階目が強レア小役対応、3段階目でフリーズが発生する。フリーズの恩恵は「AT当選+ATストック1個」と「カリスマモード or フェスティバルボーナス」となっている。
▼ メニュー [スロドル]
(C)Konami Amusement