高尾 P銭形平次3 お静99
『P銭形平次3』の甘デジバージョンが登場!
高速消化&高ループ率の「電光石火モード」を搭載!
 2022年9月に導入された『P銭形平次3 DENKOUSEKKA 平次Ver.』の甘デジ版『P銭形平次3 お静99』が登場した。今作も1種2種タイプで、ゲーム性は『〜平次Ver.』を完全継承。高ループ率を誇る時短「電光石火モード」は健在で、初当り確率が高くなったことにより低投資で電光石火の連チャンを楽しめるぞ。

 初当りは全4種類。「超銭BONUS(10ラウンド)」 「TAKA乙女BONUS(3ラウンド)」 「TAKA乙女BONUS EX(10ラウンド)」は電光石火モード突入濃厚。「BONUS(3ラウンド)」はラウンド中の銭チャレンジ成功で電光石火モード突入、失敗した場合は通常状態となる。

 電光石火モードは100回の時短モードで、実質大当り確率が約1.0分の1にアップ。1回転ですぐに次回大当りが当選するループタイプの時短となっている。モード中は7カウント以内に大当りすれば赤図柄揃いとなりモード継続濃厚。モード継続となる大当りは「超銭BONUS(10ラウンド)」 「TAKA乙女BONUS EX(10ラウンド)」 「銭BONUS(3ラウンド)」の3種類となっている。

 7カウント以内に大当りできなかった場合は、モード終了のピンチとなる「鬼滅BONUS(10ラウンド)」に当選。ラウンド中に鬼面組を撃破できればモード継続、失敗ならモード終了濃厚となる。電光石火モード継続率は80%と高く、終了しても約700個を獲得できるのは嬉しい仕様といえるだろう。

 通常時の演出に関しては「大見得返し予告」 「GOLD平次予告」 「飛翔銭フラッシュ」の3大激熱予告に注目したい。出現すればいずれも大当りの大チャンスだ。また、図柄滑りが連続するほど期待大となる「大江戸8システム」も要注目。こちらは8連続すれば超チャンスとなる。
電光石火モード非突入の初当り後、および電光石火モード終了後は、専用の演出モード「男だったらひとつにかけるモード」へ突入。以降は「瞬電モード」 → 「銭セグモード」の順に演出モードが変化する。
(C)東映