三洋物産 e聖闘士星矢 超流星CliMAX349
新トリガー「Cタイム」が出玉増加を加速させる!
Cタイム突入契機は複数存在!
 『P聖闘士星矢 超流星』シリーズに新たなスペックが仲間入り! 本機『e聖闘士星矢 超流星CliMAX349』は「スマートパチンコ(スマパチ)」の新機能「Cタイム」を搭載したミドルタイプの1種2種混合機。通常時の小当り抽選がなくなったのでロングフリーズは発生しないが、基本的なゲーム性は概ね『P聖闘士星矢 超流星』と同じだ。

 Cタイム「CliMAX CHANCE」とは、1ゲーム完結&RUSH当選率約19.1%のチャンスゾーンで、突入後のヘソ入賞時にRUSHを抽選。この抽選に当選すれば、実質次回大当り濃厚の無敵ZONEへと突入する。Cタイム突入契機は「RWNクリア時」 「RUSH非突入の初当りの一部」 「神域RUSH終了後」 「CliMAX CHANCE失敗後1324回消化時」 「通常大当り後10000回消化時」と複数存在。中でも機会が多いのは、RUSH非突入の初当りの一部とRUSH終了後の突入である。つまり、CタイムによってRUSH突入率&継続率が底上げされるという訳だ。

 神域RUSHは時短3回+残保留1個の計4回転の間、約3.02分の1という高確率で大当りを抽選。また、大当りの一部は時短127回+残保留1個の無敵ZONEに突入し、その場合は実質次回大当り&RUSH継続濃厚となる。RUSH中の大当りはRUSH継続濃厚なので、TOTALのRUSH継続率は約84.6%と高い。RUSH中は秒速変動で進行し、大当りは全て10ラウンドとなるため出玉増加速度が速く、短時間で大量出玉を獲得することも可能なスペックとなっている。

 演出面では「天馬流星予告」に期待したい。天馬流星STOCK予告のMAX STOCKを機に発生するこの演出は、大当りに絡みやすい高信頼度演出となっている。他にも「スターギミック予告」 「ハーデスステージ」 「神聖衣ZONE」 「次回予告」など、多数の大チャンス演出を搭載している。
今作から追加された「下パネル点滅予告」は、変動開始時に下パネルが点滅すればチャンス。点滅後に消灯した場合は大当り+RUSH突入濃厚となるぞ!
▼ メニュー [e聖闘士星矢 超流星CliMAX349]
(C)車田正美・東映アニメーション
(C)車田正美/集英社・東映アニメーション
(C)SANYO BUSSAN CO.,LTD.