大都技研 スロット ソードアート・オンライン
大人気ライトノベル作品がスマスロで登場!
ゲーム性&出玉性能が異なる2種類のATを搭載!
 累計発行部数3000万部の大人気ライトノベル作品「ソードアート・オンライン」がスマスロとなって大都技研より登場した。本機『スロット ソードアート・オンライン』は、2種類のATを搭載したAT機。メインATの「Sword Art Online(以下SAO)」を継続させて、AT「ALfheim Online(以下ALO)」突入を目指すゲーム性となっている。

 通常時はレア小役でCZやボーナスを抽選。CZは成功期待度約33%の「SAO CHANCE」と成功期待度約75%「アスナとクッキングデートチャンス」の2種類存在しており、どちらもベル or レア小役成立がボーナス当選のポイントとなる。

 初当りボーナスは青7がシングルラインで揃う「SAO BONUS(20ゲーム)」と、クロスラインで揃う「エピソードボーナス(40ゲーム)」の2種類。どちらも1Gあたりの純増枚数は約2.5枚で、消化後はボスバトルへ突入するのだが、エピソードボーナスならバトル勝利が約束される上、エピソードの内容次第では+αの特典もプラスされる。

 ボスバトルはスイッチ目やレア小役でボスにダメージを与える自力バトル。初回は7ゲーム以上、2戦目以降は3ゲーム以上の継続保証があり、HPを削るほど勝利期待度がアップする。ジャッジの前にHPを削り切れば、もちろん勝利濃厚だ。勝利時は「LAST ATTACK BONUS(以下LAB)」で初期枚数を決定した後にAT「SAO」へ突入するぞ。

 SAOは1Gあたり純増約2.5枚の差枚数管理ATで、消化中はボスバトルのゲーム数上乗せや勝利ストック(LAB)などを抽選。「二刀流チャンス」発生時はLAB獲得のチャンス、「SAO BONUS(20ゲーム・1Gあたり純増約4.0枚)」当選時はボスバトルのゲーム数上乗せのチャンスだ。残り差枚数がなくなるとボスバトルへ突入して次セット継続を抽選する。継続を繰り返して7戦目到達を目指そう。7戦目のボスバトルは「ヒースクリフバトル」となり、勝利できれば「SAOエンディング(60ゲーム・1Gあたり純増約2.5枚)」を経由してAT「ALO」へ突入する。

 ALOは1Gあたりの純増枚数が約4.0枚にアップ、15ゲーム+α継続のゲーム数管理型ATとなっており、約4.2分の1という超高確率で「ALO BONUS(20ゲーム・1Gあたり純増約4.0枚)」を抽選。ボーナス中はALOのゲーム数上乗せを抽選するので、ALOとボーナスのループでメダルを増やすゲーム性に変化する。11回目のボーナス当選でエンディングの権利を獲得。権利獲得後のALO終了時にエンディングが発生する。

 なお、ヒースクリフバトル到達以降はATが終了しても特典アリ。ヒースクリフバトル敗北、またはALO終了後は本前兆濃厚ステージ「はじまりの街」からスタートするため、ボーナス引き戻し&ボスバトルとなる。エンディング後の場合はボスバトルへ直行。いずれにしても、さらなる出玉獲得のチャンスが用意されているぞ。
ボスバトル勝利後は5ゲームの「おうちモード」を経由してLABへ突入(初回勝利に限り導入ムービーが流れる)。ここではレア小役でボスバトルのゲーム数上乗せや二刀流チャンスの抽選を行う。
▼ メニュー [スロット ソードアート・オンライン]
(C)2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project
Licensed by Aniplex Inc. Licensed by Sony Music Labels Inc. Licensed by MusicRay’n Inc.
(C)DAITO GIKEN,INC.