高尾 P貞子3D3
貞子3Dのパチンコ第3弾が超高継続RUSH搭載で登場!
役モノチャレンジ成功で約97%ループの至高の刻が訪れる!
 ホラー映画「貞子3D」のパチンコ第3弾『P貞子3D3』が高尾より登場した。本機は1種2種混合タイプの特殊スペックで、約57.8分の1という高確率で役モノチャレンジ「器への挑戦」が発生。玉と役モノを使ったガチ抽選をクリアできれば初当り+RUSH突入濃厚となる。役モノを介しない特図当り「絶ノ底BONUS(2ラウンド)」も存在するが、こちらのRUSH突入率は0.43%なので、器への挑戦突破がRUSH突入のメイン契機となっている。

 通常時はリーチや突当りなどの演出を経て「器への挑戦図柄」が止まれば器への挑戦が発生。3段階の役モノ抽選をクリアしてV入賞できれば、2ラウンド大当り+「貞子生誕祭」突入濃厚となる。

 貞子生誕祭は10000回の時短で、実質大当り確率が約1分の1にアップ。つまり次回大当り or 小当りが約束されており、96.6%で5 or 2ラウンド大当り当選+RUSH継続となる。残りの3.4%は「器への挑戦 RE:BIRTH」が発生し、RUSH終了のピンチとなってしまう。「器への挑戦 RE:BIRTH」は通常時と同じ役モノチャレンジが発生し、V入賞できれば10ラウンド大当り+RUSH継続、失敗でRUSH終了だ。器への挑戦 RE:BIRTH成功も含めたトータルのRUSH継続率は約97%と非常に高く、一旦突入させれば一撃大量出玉も夢ではないぞ。

 通常時の演出に関しては、「襲来準備中先読み」 「バリ3ランプ予告」 「狂宴の刻」の3つが注目演出となっており、いずれも発生時は器への挑戦発生の大チャンス。器への挑戦は元々の発生率が高いため、これらが絡まなくても十分期待できる。また、通常時は演出カスタム機能を搭載。「おすすめモード」はデフォルトの演出バランス、「先読みチャンスモード」は先読み発生で貞子急接近!?「アハ告知モード」は器への挑戦ランプがじわ〜っと点灯する。好みのモードを選んでプレイしよう。
本機は業界初(?)となる悲鳴のカスタマイズが可能。男声、女声のどちらかを設定できる。
(C)2012『貞子3D』製作委員会
(C)2013『貞子3D2』製作委員会