ニューギン Pデビルマン黄金黙示録
『Pデビルマン〜疾風迅雷〜』の甘デジバージョンが登場!
V確ST機に生まれ変わって右打ち中のゲーム性を一新!
 2021年に導入された『Pデビルマン〜疾風迅雷〜』に、新スペック『Pデビルマン黄金黙示録』が登場した。ミドル版とライトミドル版は1種2種の高継続RUSH搭載機だったが、甘デジとなった今作は、時短突破型のV確ST機へとゲーム性を一新。高継続RUSHは健在で、一撃に期待できる仕様となっている。

 初当りは6R通常のDestiny BONUSが95%を占めており、消化後は70回の時短へ突入。ここからの大当り引き戻しがST「GOLD RUSH」突入のメインルートとなる。初当りの5%ではあるが3 or 7図柄揃い大当り(6R確変)とコキュートスゾーン当り(2R確変)によるRUSH直行ルートもアリ。時短と残保留4個での引き戻しを含めたトータルのRUSH突入率は約54.8%だ。

 GOLD RUSHは70回のSTで、継続率は約82.8%(通常確率の残保留4個を含んだ数値)。演出は回転数に応じて変化し、1〜59回転は高速消化、60〜69回転は図柄テンパイでチャンスとなる。

 右打ち中の大当りに関しては、HYPER DEVIL BONUS(10R確変)とDEVIL BONUS(3 or 5 or 6 or 8 or 10R確変)の2種類。発生すれば5R以上の期待大となる「Hyper Devilチャンス」や、ラウンド数を上乗せする「COMBO上乗せチャンス」など、大当り中も演出発生に期待しよう。

 通常時の演出に関しては疾風迅雷を継承。「GOLDEN ZONE」 「ゴールド進化演出」 「次回予告演出」 「群演出」 「神が身の荒争人リーチ」の5つが注目演出となっており、いずれも発生時は大チャンス! 「神が身の荒争人リーチ」はストーリーリーチの一種で、時元神ダンテと対決する本機最強リーチだ。
低確率250回(時短中含む)消化で遊タイムが発動。時短379回の「デビルインパクト」へ突入する。時短379回で大当りを引ける割合は約97.8%と非常に高い。
▼ メニュー [Pデビルマン黄金黙示録]
(C)永井豪/ダイナミック企画