SANKYO Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア3黄金絶唱Light ver.
Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア3が遊びやすい甘デジとなって登場!
2つのRUSHが超高継続となってパワーアップ!
 2022年に導入が開始された『Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア3黄金絶唱』に、甘デジバージョン『Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア3黄金絶唱Light ver.』が登場した。2つのRUSH「シンフォギアチャンス黄金」と「70億の絶唱FEVER」は健在で、それぞれ継続率は約88%と約84%という高数値に。2つを合算したトータル継続率は約92%にも及び、連チャン性能に特化した仕様を実現しているぞ。

 スペックは大当り確率99.9分の1の1種2種混合タイプ。メイン初当りは3Rの「FEVER」で、消化後に突入する時短1回+残保留1個の「最終決戦」で大当りを引いて、シンフォギアチャンス黄金突入を目指す突破型のゲーム性を継承している。初当りの約0.5%ではあるが、10R大当りの「SPECIAL FEVER」からシンフォギアチャンス黄金へ直行するルートも存在する。

 シンフォギアチャンス黄金は6回+残保留1個の時短モード。時短中の図柄揃い確率が約3.9分の1にアップし、継続率も約88%と大幅アップしている。初当りからの直行と遊タイム発動時は時短250回となるので、実質次回大当り獲得濃厚だ。最終決戦とシンフォギアチャンス黄金中の大当りは3Rの「FEVER」がメイン。消化後はシンフォギアチャンス黄金へ突入(または継続)する。約8.0%で当選する9R大当り後は、上位RUSHの70億の絶唱FEVERへ突入するぞ。

 70億の絶唱FEVERは250回の時短で、実質次回大当り獲得濃厚。ここでの大当りは「70億の絶唱FEVER継続」または「シンフォギアチャンス黄金へ転落」のどちらかとなり、ループタイプのRUSHへと変化する。継続率は約84%だ。終了してもシンフォギアチャンス黄金へ戻るだけなので、さらなる連チャンに期待できるぞ。

 通常時の演出に関しては、おなじみの3大キーポイント演出「絶唱ゾーン」 「聖詠演出」 「絶唱演出」が絡むと大チャンス。いずれも元々信頼度の高い演出だったが、初当り確率が上がったことにより、信頼度も底上げされている。また、甘デジで追加された新演出「70億の絶唱チャレンジ」にも注目したい。数値が上昇して70億に近づくほど大当りが近づく!?
時短終了後は専用の演出モード「アクシアの風モード」からスタートする。ここでは専用のリーチが発生。エフェクトの色(青 → 緑 → 赤 → 金)に注目しよう。
▼ メニュー [Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア3黄金絶唱Light ver.]
(C)Project シンフォギアGX
(C)Project シンフォギアAXZ