エレコ ラブリーチェリー
|
可愛らしいキャラクターに激しく萌えます!!
宿命の対決が再び始まった
チェリーナビ発生時は必ず変則押しでプレイして、最後に左リールを止めるようにしよう。誤って揃えてしまうとCZは終了するので要注意だ。
 エレコの人気機種『モエるまりんバトる』が『ラブリーチェリー』と名を変え、装いも新たに登場した。今作もパネルを見ればわかるように、愛くるしいキャラクターが過激にバトルを繰り広げる(?)萌えスロ仕様になっている。

 基本スペックは『モエるまりんバトる』を踏襲してBIGのみとなっており、BIG終了後は必ずチャレンジゾーン(CZ)へと移行する。CZ中は3種類あるいずれかのチェリーが揃う前にプラムを揃えることができれば、33ゲーム継続するRT(追跡ゲーム)突入となり、RT中はコインを増やしながらBIGを狙うことが可能となる。

 RTは1ゲームあたり約0.8枚のコイン増加が見込める完走タイプになっており、しかもRT終了後は再度CZへと移行するため、RTとBIGが運良くループすれば、一気にコインを獲得することが可能だぞ。
独自のRTポイントシステムを搭載
 前述した通り出玉の核を担うのはCZなのだが、CZはチェリーを揃えると終了してしまうので、チェリーをハズしてCZを延命させる必要がある。そこで重要なのが、BIG中のRTポイント抽選である。

 BIG中はチェリー入賞時にRTポイント抽選が発生し、ポイントを獲得できればCZ中のチェリー成立時にナビが発生。RT突入役のプラムに当選するまでチェリーを回避することが可能となるのだ。RTポイントが1ポイントあれば、1回RTに突入するまでナビしてくれるので、獲得したポイント=RT突入可能回数となる。

 また、BIG中にプラムをハズしてBIGを引き延ばし、特殊役成立を増やすという攻略法も存在している。かなりの投資額が必要となるが、攻略効果は充分に得られるのでチャレンジする価値はあるぞ。
RTポイントを大量に獲得できるプラムハズシ攻略。RTを終日継続させることも可能だが、RTを残したまま閉店を迎えると損をしてしまうので注意しよう。
(C)2006 ARUZE CORP.