奥村遊機 CR笑ゥせぇるすまん
ココロのスキマに入り込む喪黒福造が再び!
「笑ゥせぇるすまん」の世界を盤面に集約!!
 2000年に登場した初代が人気となり、奥村遊機のキラーコンテンツとして君臨している『CR笑ゥせぇるすまん』シリーズの最新作が登場した。アニメやコミックで見せる独特のブラックストーリーの世界観をたっぷりと詰め込んだ仕上りだ。

 七色の光を放つアクリル盤面の中には、揺れ動く「ロゴ役モノ」や玉がワープを通過する度に皿を拭く「マスターフィギュア役モノ」、突如落下し羽根を開くインパクト抜群の「モグロエンブレム」、モグロの巨大な顔が光る「ビッグ喪黒役モノ」、液晶と連動し作動する「魔の巣扉役モノ」を搭載と、モグロワールドが全開となっているぞ。

 注目すべきは、新たに搭載された「笑」絵柄の出現により始まる「モグロBONUSチャンス」。いかなる場面からも突入する可能性があり、神出鬼没な主人公・喪黒福造のイメージを最大限に活かしたゲーム性のポイントだ!
「笑」絵柄出現で始まるモグロBONUSチャンス。右アタッカーに玉を打ち込んで扉が開放すれば通常よりも多めの出玉が得られる「モグロBONUS」ゲットだ。扉が開かなくても確変に突入するぞ。
確変中は姫札が出れば確変継続のチャンス!
ドスの効いた声で発せられる決め言葉「ドーン!!」。リーチ成立時やリーチ中はもちろん、演出発展へのきっかけとして発生する可能性もあり、驚かされる場面は多い。盤面の電飾の演出によって前作よりも迫力がパワーアップしているぞ。
 登場したスペックは大当り確率329.5分の1で確変突入率は63%、時短は100回転となっている。出玉は15ラウンド大当り時の下アタッカー開放で、約1530個。右アタッカー開放であるモグロBONUSでは、モグロBONUSチャンス失敗時に約200個、モグロBONUSチャンス成功時には最大で約1850個程度となっている。

 通常時の大当りに最も絡みやすいのは4種類ある「お客様系リーチ」で、それぞれの主人公であるお客様が様々なシーンで喪黒の力を借りて成功を勝ち取るという演出だ。いずれも喪黒の忠告を受けた後に発展すれば大当りのチャンスとなるぞ。

 確変中と時短中は前作でもお馴染みの坊主めくりの演出で展開する。憎らしい「モグロ坊主」は出現すると確変終了のピンチとなり、これまた不細工な「モグロ姫」は見かけとは裏腹に出現時の大当りが確変濃厚となるラッキーキャラだ。モード中の演出はボタンを使用したプレイヤー参加型の演出も多いので、確変中や時短中は趣の違う楽しみ方ができるだろう。
(C)藤子(A)・シンエイ・中央公論新社