Sammy ぱちんこCR北斗の拳剛掌
前作を踏襲しながらも見事なまでにグレードアップ!
金色のファルコが主役となる中央帝都ステージを採用!
 大ヒットを飛ばした前作から早2年。最新作となる本機は基本性能はあまり変えずに、演出面をパワーアップさせて帰ってきた!

 まず注目すべきは、画面が本当に揺れているように見える「シェイクビジョン」だろう。信頼度の高い演出で期待感を盛り上げるのはもちろん、突如動き出して信頼度アップとなる役割を持つだけに、動いただけで興奮すること必至! 前作から引き継がれた死兆星ランプや北斗の拳ロゴ以上に重要なポイントだ。

 そして液晶演出の見所はなんといってもファルコが主役となる「中央帝都ステージ」の採用。原作でも物語のターニングポイントとなった場面をモチーフにしているので、いやが上にも盛り上がってしまう。
ラオウ昇天後のストーリーとなる「中央帝都ステージ」。大人になったバットやリンの姿がパチンコで見られるのは嬉しい限り。発展するリーチも新たに搭載されたアインorファルコ系がメインとなる。
「EXTRA BONUS」を採用し期待感も倍増!
実質14ラウンド分の出玉が得られる「EXTRA BONUS」。発生のタイミングは「世紀末モード」突入時とバトル敗北時だ。ラウンド表示を見れば2ラウンド大当りとの判別ができるが、期待感を高めるためにも、あえてラウンド表示を見ないようにするのもオススメ。
 前作は『ぱちんこCR北斗の拳ケンシロウ』と『〜ラオウ』の2スペックで登場したが、本機は1スペックのみでの登場。基本性能は『〜ラオウ』とほぼ同じで、いわゆるMAXバトルタイプとなる。

 大当り確率399.6分の1、確変継続率が80%で、出玉は約650〜2400個。時短はすべての大当り後に40or60or80回となっている。前作との大きな違いとして、本機は「EXTRA BONUS」を採用しており、「世紀末モード」突入に見せかけてボーナス、バトル敗北と思わせてボーナスなど、嬉しいタイミングで発生する。

 MAXバトルタイプだけに、初当りはそう簡単には引けないが、確変継続率80%&最大出玉が約2400個という瞬発力はかなり魅力。原作に負けないくらいのドラマチックな展開を味わいたければ、是が非でも打ってほしい。
(C)武論尊・原哲夫/NSP 1983,(C)NSP 2007 版権許諾証SAF-308 (C)Sammy