タイヨーエレック 銀と金
デッドorアライブの「供託金モード」で大量上乗せを目指せ!!
超高確濃厚な「沖縄ステージ」突入がアツい!
 タイヨーエレックから登場した人気漫画とのタイアップ機『パチスロ 銀と金』は、ボーナスと1ゲームあたり純増約1.4枚のARTによってコインを増やすマシン。ボーナスは全小役と同時成立する可能性があり、ボーナス期待度は、リプレイ→ベル→弱チェリー→スイカ→チャンス目→強チェリー→中段チェリーの順にアップする(中段チェリーはボーナスorART確定)。

 ART「愉悦の刻」突入抽選は通常時のチャンス役成立時と、ボーナス成立時&消化中に行なわれる。チャンス役のART期待度は、弱チェリー&スイカ→チャンス目→強チェリー→中段チェリーの順にアップ。低確・高確・超高確と3種類存在する内部状態によってART期待度は変化し、高確の可能性が高い「夕方ステージ」や「夜ステージ」でのチャンス役はARTの期待大だ。なお、超高確はプレミアム的な位置付けで、突入した時点でART確定な上に、毎ゲーム高確率でARTがストックされる仕様となっている。

 ボーナス消化中は赤7揃い成立でART確定。ボーナス成立時にもARTを抽選しており、「強欲ボーナス」ならARTの期待大となる。また、ボーナス中に歌が流れれば、ART当選確定だ。
本機の演出では原作で繰り広げられた名勝負を数多く再現している。なお、強欲ボーナス時や連続演出時はタイトルが原画だと期待度がアップするぞ。
出玉の鍵を握るのはチャンス役のヒキ!
勝率は低いものの、蔵前に勝利すれば500ゲームクラスの上乗せも珍しくない。ちなみに、ART中のゲーム数上乗せは10・30・50・100ゲームのいずれかとなっている。
 本機最大のウリとなるのは、画期的なゲーム数上乗せシステム「供託金モード」である。主にART中のチャンス役成立時に突入抽選が行なわれる供託金モード中は、ほぼ毎ゲーム供託金が積み重なる。そして、対戦相手との勝負に勝てば供託金ゲーム数を全て上乗せ! 逆に負けると、上乗せゲーム数0…となる。供託金は1ゲームあたり10〜300ゲーム(相手が西条だと10〜100ゲーム)積まれるので、一撃1000ゲームクラスの大量上乗せも夢ではないのだ! 対決の勝敗はモード中に毎ゲーム抽選されており、チャンス役を引くと勝利の可能性が高まるぞ!!

 供託金モード突入期待度は、共通ベル&スイカ→ハズレ→弱チェリー→チャンス目→強チェリー→中段チェリーの順に高い(TOTAL突入率は約140分の1)。また、ART中のチャンス役はゲーム数上乗せ抽選も同時に行なっており、ゲーム数上乗せ当選期待度は、弱チェリー&共通ベル→スイカ→ハズレ→チャンス目→強チェリー→中段チェリーの順にアップ(上乗せ当選時のゲーム数はハズレ→チャンス目&強チェリー→弱チェリー&中段チェリー→共通ベル&スイカの順に大きくなる)。とにかく、ART中はチャンス役を引けば引くほどアツいのだ!

 なお、ART中のボーナス当選は、ゲーム数上乗せ抽選、供託金モード突入抽選、セット数ストック抽選が全て行なわれるので大チャンス! 供託金モード中のボーナス当選なら勝利確定だ!!
(C)福本伸行