京楽 CRぱちんこ必殺仕事人4
最大級の注目度を浴び、シリーズ第4弾『CRぱちんこ必殺仕事人4』が出陣!
ド派手なギミックアクションが秀逸!
 2001年の初登場以来、脈々とその血統を引き継いできた「必殺仕事人」シリーズに、待望の第4弾機が登場した。これまでのシリーズ機を踏襲しつつ、新たに「おりく」や「加代」、「順之助」といった仕事人たちが加わったことにより、アクションはかなりパワーアップされているぞ。

 そんな本機で最も注目すべきは、新台枠「BIGサプライズ」に搭載された3つのサプライズ。1つめは圧倒的な存在感を誇る「サプライズボタン」だ。激アツを示唆するポイントではボタンそのものが台枠からせり出し、大チャンスの到来を告げる役割を果たす。2つめは台枠上部が可変して出現する「パト・ウイング」で、アクションと連動して期待感を高めてくれるぞ。そして3つめはプレイヤーだけが、周りから悟られることなく衝撃を体感できる「エア・バイブ」機能を搭載したハンドル。「!!」部分から風が吹き出せば超激アツとなる仕組みだ。もちろん「P-フラッシュ」機能も搭載されており「キュインキュイン」の福音を聴くこともできるぞ。

 また、盤面上に配置されたギミック群も多彩かつ衝撃的。盤面上部の「真剣ギミック」と盤面右側の「豪剣ギミック」は、シリーズ機そのままにフラッシュしてアクションと期待感を盛り上げる。そして豪剣ギミックが画面側に飛び出せば、超激アツの「豪剣スパーク」だ。また画面下部から「必殺ギミック」が出現する「必殺フラッシュ」も超激アツとなっているぞ。
とにかくド肝を抜かれるのは、大迫力のギミックアクション。その中でもサプライズボタンのインパクトは抜群。ボタン上昇時の信頼度は約50%と、期待感も抜群だ。
新境地を切り開くスペックで堂々登場!
原作で重要な役回りだった仕事人たちが参戦しているのも本機の魅力。「おりく」は登場すればチャンスとなるだけに、キャラも実写も見逃せない。ちなみに、本機では組紐屋の竜はプレミアムではないぞ。
 ド迫力の外見に目を奪われがちだが、本機最大のポイントはスペックにある。一撃約2000個を獲得できる大当りや、継続率70%の確変だけを見ると目新しさはあまりないとも言えるが、それだけの爆発力を秘めているのに大当り確率が258分の1となっているのだ。

 しかも本機には小当りや潜確がなく、確変状態になれば必ず電サポが作動するという安心設計。確変絵柄での大当り後or突確当選後には「必殺モード」に突入し、右打ち消化で連チャンを狙うことになる。チャンス絵柄の大当り後は20or40or60回転継続する「主水見廻りモード」に突入。内部的に高確率の場合は必殺モードに昇格するので、立ち回りも簡単となっているぞ。

 これまでのシリーズ機にはない、注目ポイントとなるのは確変大当りの「出陣RUSH」。これは仕事人が出陣すればするほど継続し、最大で約1600個(16ラウンド)の出玉を獲得できるというもの。半数は5ラウンド(約500個)となるが、4分の1は7ラウンド(約700個)、その他にも9ラウンド(約900個)と11ラウンド(約1100個)もあり、継続する度に豪剣スパークが炸裂するという軽快かつ迫力満点の演出は見所の1つと言えるだろう。
(C)松竹・ABC (C)KYORAKU
機種関連NEWS
パチンコ・パチスロ機種検索
パチンコ パチスロ
機種名