タイヨーエレック パチスロ銀と金2
大量上乗せか0か!? 原作のようなひりつく勝負をパチスロで体感!
通常時は小役のヒキによりシナリオの展開が変化する!?
 福本伸行原作の漫画作品「銀と金」のパチスロ第2弾がタイヨーエレックより登場した。本機は前作同様リアルボーナス+ART搭載のART機で、BIG確率は全設定共通で809.1分の1という低めの数値に。主にART「ヘルエッジロード(1セット50ゲーム+α継続・1ゲームあたり純増約1.6枚)」によりコインを増やすスペックとなっている。

 通常時のART抽選方法は「マルチシナリオシステム」を採用しており、最大100ゲームの周期によりARTを抽選。1周期は「第1ステージ→第2ステージ→最終局面→決着演出」の4つで構成されており、決着演出に勝利できればARTへ突入する!? 周期中は福本伸行監修によるシナリオ(全7話)のいずれかが展開され、シナリオによってART当選期待度が変動。「通常シナリオ(有賀編or伊沢編or神威編)<好機シナリオ(西条編or袋井編)<絶好機シナリオ(中条編or河野編)」の順に期待度がアップするぞ。

 シナリオの各パートに関しては、第1〜第2ステージはそれぞれ最大40ゲーム継続。レア小役成立時にゲーム数短縮とランクアップを抽選している。「第1ステージ→第2ステージ→最終局面」と移行する際はそれぞれ3ゲームの分岐演出を挟むのだが、ここで成功してランクアップが起こればART当選期待度がアップする。最終局面は最大20ゲーム継続の自力チャンスゾーンとなっており、レア小役を引ければチャンス。消化後は4ゲームの決着演出に発展し、ARTの当否をジャッジする。

 ボーナスに関してはBIG(312枚獲得)とREG(平均2枚獲得)の2種類を搭載。BIG中はBAR揃いor連続演出成功でART当選!? 既にARTが当選している場合は30ゲーム以上を上乗せする。REGは「青BARを狙え!」演出から青BARが揃えば当選!? 2ゲームしか継続せず獲得枚数も少ないが、レア小役高確率ゾーンとしての役割を持っている。
本機の激アツ柄は無数のお札が表示される「愉悦柄」で、どこで出現しても大チャンスとなる。タイヨーエレックの機種では定番の大チャンス柄である「ピンク豹柄」も健在だ。
ART中は「供託金モード」以外にも新たな上乗せ特化ゾーンを搭載!
ARTの残りゲーム数がなくなった時に、絶ボールもない場合は引き戻しゾーンへ突入する。ここでレア小役を引ければART引き戻しが確定する!?
 ART当選時は、まず上乗せ特化ゾーン「悪魔の誘惑」へ突入して初期ゲーム数を獲得。ボタン連打で突破成功するたびに50ゲーム以上を上乗せ&継続となり、最大5回まで継続することがある。レア小役やボーナスが当選すれば突破確定で、さらに上乗せも発生!? 上限である5回目成功時に限っては必ず100ゲームを上乗せする。

 ART中はレア小役成立で「絶ボール」獲得や上乗せ特化ゾーン突入のチャンス。絶ボールには「1or100」といった数字が書かれており、ART残りゲーム数がなくなると「審判の刻」へ突入して発動。2分の1以上で大きい方のゲーム数を上乗せするが、失敗時は1ゲームしか上乗せしない、一か八かの極端なシステムとなっている。

 上乗せ特化ゾーンは悪魔の誘惑以外にも「供託金モード」と「銀王モード」が存在。供託金モードは前作でもお馴染みの特化ゾーンで、突入率と勝利期待度がアップしている。さらに対戦相手も中条が追加され、全3種類に。供託金モード中は様々な演出により、「仮上乗せ」のゲーム数がアップし、最後に発生する最終局面バトルで勝利できれば、仮上乗せのゲーム数がそのまま上乗せされる。敗北時は上乗せ0で終了してしまう、これまた一か八かの特化ゾーンとなっているのだ。

 銀王モードは、「銀王の二択フリーズ(発生率32768分の1)の押し順2択正解」or「ART中の演出から」or「全回転フリーズ発生」から突入。5ゲームの間高確率で上乗せを抽選しており、上乗せ当選時は残りゲーム数を5ゲームに再セット。ループ率約95%で継続する本機最強の特化ゾーンとなっている。滞在中はレア小役の一種である「ざわ揃い」確率が大幅にアップしている上、レア小役成立時はボタン連打によりゲーム数を上乗せする「魑魅魍魎上乗せ」発生のチャンスだ。
(C)福本 伸行 (C)Sammy (C)TAIYO ELEC