藤商事 CR RAVE この世界こそが真実だFPM
「テン・コマンドメンツ」を操り勝利の栄光を掴み取れ!
「4大衝撃ポイント」で初当りを射止めろ!
 真島ヒロ原作の超人気冒険ファンタジー漫画「RAVE」のパチンコ第2弾が、バトルSTの限界に迫るべく満を持して登場。主人公「ハル・グローリー」が持つ大剣「テン・コマンドメンツ」をモチーフとした10のアツいポイントを搭載しており、これらがあらゆる場面で大当りへの期待感を増幅させるぞ。

 スペックは大当り確率319分の1、ST継続率約75%のミドルタイプで、突然確変や潜伏確変は搭載していない。ST突入を左右する初回確変割合は55%と、初当りの2分の1以上で突入する仕様になっており、まずはココを突破するのが目標となる。一旦STに突入してしまえば、電チュー入賞での大当りは全て16ラウンド(出玉約2016個)になるため、一撃10000個オーバーの大量出玉を獲得することも十分可能だ。
 
 本機には初当りに絡みやすい「4大衝撃ポイント」があり、うち2つは「群予告」と「剣保留変化演出」。前者は出現するキャラによって信頼度が変化し、後者は色や大きさで信頼度が異なる。そしてリーチ発展時は「超巨大レイヴェルトギミック」発動で激アツ。その際に「時空の杖ギミック」が連動すれば、大当りは貰ったようなモノだ。ラストは最強リーチの「クライシスSPリーチ」で、様々な演出から発展する可能性があり、2回に1回以上は大当りへと結びつくぞ(信頼度50%オーバー)。
気になる10のアツいポイントは、「レイヴェルトギミック」「TCMレベル」「RAVEチャンス」「魔導精霊力チャンス」「クライシスSPリーチ」「D絵柄&BOSS絵柄」「ダンスチャレンジ」の7演出と、「スペック」「Wアタッカー&高速消化電チュー」「クライシスバトル(4段階ST)」だ。
高継続率の4段階STでバトルSTの限界を超える!!
ラウンドバトルは「ボタン長押しでパワーを溜めろ!」と「ボタン連打でVを解き放て!」の2種類があり、いずれも液晶右のメーターがMAXになればV入賞の権利を獲得できる。
 本機のメインモード「クライシスバトル」は、Wアタッカーと高速消化電チューで消化するため、大当り中も変動中も爽快感を味わえるのが魅力。演出については回転数によって4段階に切り替わり、「突入」→「激闘」→「決戦」→「宿命の刻」と進行していくシステムになっている。

 それぞれの特徴だが、突入は即当りのモードとなっており、ボタンプッシュの一撃勝負がメイン。激闘はその名の通りバトル演出が主で、登場するボスの種類によって勝利期待度が変化する。決戦もバトル演出が展開されるが激闘とは異なり、選択したボスとのバトルが50回転に渡って繰り広げられ、この間に大当りに当選すれば勝利演出が発生する仕組みになっている。ラストの宿命の刻も同様で、ハルの宿敵「ルシア」とのバトルが20回転に渡って展開。勝利すれば大当りとなる。

 最後にラウンドバトル敗北時に突入する時短モード「REVENGE BATTLE」について紹介しよう。ST突入を逃したとしても、時短での引き戻し=電チュー大当りすれば、16ラウンド分の出玉を獲得した上でSTに突入するため、ラウンドバトル敗北時はなんとしても時短で引き戻したいところ。ミドルスペックの時短100回転ということで期待値は約27%もあるので、約4回に1回以上は引き戻せる計算になるぞ。なお、演出についてはクライシスバトルの激闘と同様の演出が展開される。
▼ メニュー [CR RAVE この世界こそが真実だFPM]
(C)真島ヒロ/講談社
パチンコ・パチスロ機種検索
パチンコ パチスロ
機種名
ユーザー更新情報