SANKYO CRフィーバー夢福神99ver.
夢夢ちゃんたちがドットの世界で大活躍!!
ドットながら多彩な演出を実現!
 「夢夢ちゃん」シリーズ初のドット搭載機として登場した『CRフィーバー夢福神149ver.』は、ヘソ賞球が5個の遊びやすいマシン。本機は全ての大当り終了後に15回転のSTへと突入。ST終了後は35回転の時短に突入する(『〜99ver.』の時短は25回転)。

 演出は液晶ではなくカラードットによって展開。とはいえ、ドットとは思えないほどの演出完成度となっており、夢夢ちゃん・ナナちゃん・ジャムちゃんといったキャラクターたちも、見事に表現されている。

 予告アクション、リーチアクション共に数多く用意されている本機だが、中でも注目したいのが「チャンス目予告」である。というのも、本機には語呂合わせチャンス目が多数存在するからだ。「一七五(イナゴ)」「二六九(付録)」「五八九(琥珀)」「九六五(黒子)」「三五十(見事)」「六八一(無敗)」…等々、十数種類の語呂合わせチャンス目があり、プレミアムとなるチャンス目も複数存在する。一見、ただのハズレ目に見えても、実は大チャンスとなるパターンもあるので、語呂合わせで読めそうな出目は常にチェックしておこう。
大当りラウンド中は「ルーレットランプ」によってラウンド継続の有無が告知されるが、「祝」で停止した場合は保留内連チャン発生濃厚となる。もちろん「祝」で停止しなくても保留内連チャンのチャンスアリ!?
▼ メニュー [CRフィーバー夢福神99ver.]
(C)SANKYO
パチンコ・パチスロ機種検索
パチンコ パチスロ
機種名