西陣 ちょいパチ麻王DX 39
高い大当り確率と一撃性の両方を備えた「新生覚醒スペック」で『麻王』が復活!
「ハピネスタイムへの道」を乗り越えれば大量出玉獲得が待っている!?
 1993年に導入された名機『麻王』が「新生覚醒スペック」により復活した。本機『CR麻王DX SP』は、甘デジの平均的な大当り確率である99分の1を超えた、大当り確率約67分の1を実現。電サポモード「ハピネスタイム」のループによる一撃もあり、遊びやすさと爆発力を兼ね備えたスペックに仕上がっているぞ。

 通常時の初当りは「麻王ボーナスハピネス(8ラウンド確変)」と「麻王ボーナス(7ラウンド通常)」の2種類。麻王ボーナスハピネス後はハピネスタイムへ直行するが、その振り分けは10%で、麻王ボーナスが初当りの大半を占めている。麻王ボーナス後は10回転の時短「ハピネスタイムへの道」へ突入。電チュー入賞からの大当りは全てハピネスタイムへ突入するので、ここでの引き戻しがポイントとなる。なお、時短10回転以内での引き戻し率は約13.9%だ。

 ハピネスタイムは10回転のSTと60回転の時短で構成された計70回転の電サポモードで、STと時短の両方によるループが期待できる。電サポ中の大当りは「麻王ボーナススペシャル(15ラウンド確変)」「DXランクアップボーナス(6or8or10or15ラウンド確変)」「麻王チャンス(1or15ラウンド確変)」「ボーナス(5ラウンド確変)」の全4種類が存在する。

 通常時の演出に関しては、「麻王フラッシュ予告」「群予告」「桜柄」「ダブルSPリーチ」「大三元リーチ」などが発生すれば大チャンス。元々の大当り確率が高いので、他にも期待を持てる演出は多く、最低信頼度のリーチである「ロングリーチ」でも赤まで発展すれば期待大に。「シングルSPリーチ」や「パトラッキーチャンス」は信頼度33%以上となっている。
盤面右上にある「ハピネスランプ」は一発告知ランプの役割を持っており、光れば大当り確定!? 様々なタイミングで光るので、液晶だけでなくこちらにも注目しておきたい。なお、本機は通常時の演出モードを「ノーマル」「シンプル」「告知モード」の3タイプから選択可能となっているぞ。
(C)NISHIJIN