KPE 戦国コレクション3
小悪魔王・織田信長が新基準ART機の先陣を切る!
シリーズお馴染みの継続シナリオ管理ARTが更なる進化を遂げて帰ってきた!
 KPEの「戦国コレクションシリーズ」第3弾が、5.9号機初のART機として登場した。本機は1Gあたり純増約2.0枚(ボーナス込み)のART「戦コレ劇場」を搭載したボーナス+ART機で、主なART突入契機は「チャンスゾーン(CZ)経由」と「ボーナス経由」の2つ。レア小役成立時はボーナス同時当選 or 有利区間突入(CZ or 高確)のチャンスとなり、その期待度は「スイカ < 弱チェリー < 弱チャンス目 < 強チャンス目 or 強チェリー or SR(スーパーレア)役 or レジェンド役」の順でアップする。

 CZ「激突!暗黒団」は10ゲーム+α継続。リプレイ以外の小役で敵にダメージを与え、撃破できればART突入となる。内部的にはCZ開始時に規定ポイント(1〜10)が設定され、リプレイ以外の小役でポイントを獲得。規定ポイントに達すればART突入となる。なお、CZは最大10ゲームの前兆を経由して突入するのだが、内部的には前兆中もCZは始まっており、前兆中に成立した小役でもポイントが加算される。また、CZの10ゲーム間で一度も押し順ベルが成立しなかった場合は、前兆を経て再度CZへ突入。この前兆中もポイント加算抽選は行なわれているぞ。

 本機のボーナスは「ギフト」と呼ばれ、通常時に成立するとARTや高確突入のチャンスとなる。赤7揃いの「ギフト1」はART突入が確定し、さらに上乗せ特化ゾーン「奥義地獄炎」 or 「みんなのコレクション」に突入!? 継続ストック大量上乗せの期待大となる。青7揃いの「ギフト2」当選時、または「青7・青7・赤7」揃いの「ギフト3」当選時の一部は前兆ボーナス「修羅モード」へ突入。武将参戦の度にART期待度が上昇し、最終的に合戦へ発展。ここで勝利できればART突入となる、シリーズ定番の前兆演出が発生するぞ。ギフト3の一部は「おひねりタイム」となるのだが、ここでは特にART抽選は行なわれない代わりに、登場する武将で設定を示唆。特に味方 or 乙女武将が登場すればチャンスとなる。

 ARTはこれまでのシリーズ同様に、継続シナリオによる継続率+継続ストックで管理。8話まで完走すればエンディングが発生し、2周目へ突入する(最大3周まで継続)。各話は前編と後編に分かれており、それぞれ最終ゲームで発生する「ジャッジゲーム」をクリアできれば継続だ。ART中はレア小役成立で継続ストック上乗せやギフト当選のチャンスとなるぞ。ギフトに当選した場合は、「戦コレ劇場強制継続」と呼ばれる状態へ突入することがあり、突入時は昇格リプレイが成立するまでART継続を保証。強制継続中はジャッジゲームが訪れても無条件でクリアできる上、継続ストック上乗せもプラスされる特典付きだ。
「奥義地獄炎」中は赤7揃いの停止形に注目しよう。W揃いなら2個ストック!? 7が4の形に止まると4個ストック&設定4以上確定!? 7の形に止まれば7個ストック&設定6が確定する!?
(C)Konami Digital Entertainment,NAS/「戦国コレクション」製作委員会 (C)KPE