Sammy パチスロ猛獣王 王者の咆哮
獣王シリーズ名機『猛獣王S』が6号機で復活!
伝統の色目押しAT「サバンナチャンス」を搭載!
 Sammyの獣王シリーズ最新作『パチスロ猛獣王 王者の咆哮』が登場した。本機は4号機の名機『猛獣王S』の遺伝子を継承したマシンで、1ゲームあたり純増約6.0枚の高純増AT「サバンナチャンス」を搭載。AT中は各リールに7を狙う色目押しナビが発生する、サバチャン本来のゲーム性を再現したものとなっている。

 AT当選ルートは「規定ゲーム数消化」と「チャンスゾーン経由」の2通り。前兆ステージである「荒野ステージ」や「獣王モード」突入時は、規定ゲーム数消化によるAT当選のチャンスとなる。滞在モードによって選ばれやすいゲーム数が異なり、「通常A」モードは百の位が偶数のゲーム数(200、400、600、800)がチャンス。「通常B」モードは百の位が奇数のゲーム数(100、300、500、700、800)がチャンスとなる。「チャンス」モードは浅いゲーム数が選択されやすく、最大天井も600ゲーム+αと浅くなる(通常A・Bの天井は800ゲーム+α)。「天国」モードなら即当りに期待でき、天井も100ゲーム+αとなるので、AT後100ゲーム+αがヤメ時となる。なお、モードは有利区間移行時に決定されるのだが、その際の「天国」の振り分けは約5分の1。設定変更時も有利区間が再セットされるので、立ち回りの参考にしよう。

 チャンスゾーンに関しては、リプレイ連やレア小役などで獲得できる「肉」が10個貯まると発生する「肉ジャッジ」から突入。最大3戦勝利でAT濃厚となる「獣ロワイヤル」と、15ゲーム以内にパトランプ点灯でAT濃厚の「パトカバチャンス」の2種類存在しており、パトカバチャンスならAT突入の期待大となる。

 AT突入時は、まずジャッジ演出によりどの動物のATタイプかを決定。「ダチョサバ」は2択当てタイプで、色目押しの2択に正解すれば次セット継続となる。「ゴリサバ」はストックタイプ。「ライサバ」は自力継続タイプで、いずれも異なるゲームシステムからAT100ゲーム継続を目指すことになる。100ゲーム継続時はエンディング(AT10ゲーム)が発生して、上位版の引き戻しゾーン「猛獣王RED」へ突入。引き戻し期待度が約80%となる上、次回以降も突入するので、約80%でATがループすることになるぞ。最上位ATの「ゾウサバ」が選ばれた場合は、その時点で100ゲーム+α継続が確定し、猛獣王RED突入も確定する。ATを100ゲーム継続させられなくても、引き戻しゾーンの「猛獣王MODE」へ突入。ここからATをループさせることも十分可能となっている。
獲得した肉はリール左側に表示。リプレイ連やレア小役成立時は肉獲得のチャンスで、リプレイ2連や強レア小役は肉獲得確定!? リプレイ4連時は肉10個MAX濃厚となる。なお、ゲーム数前兆中も肉獲得は抽選されており、肉獲得時は後で告知される。
▼ メニュー [パチスロ猛獣王 王者の咆哮]
(C)Sammy
パチンコ・パチスロ機種検索
パチンコ パチスロ
機種名