山佐 ジャングルマスターコングダム
テトラ搭載の名機『コングダム』が堂々復活!!
「ナビ矛盾」メインのゲーム性を前作より継承!
 テトラリールを搭載した伝説の名機『コングダム』が、『ジャングルマスターコングダム』として復活を果たした。本機はテトラによる小役ナビから派生する「ナビ矛盾」というゲーム性に加え、RTを搭載することによって出玉性能に関しても納得できる仕様となっている。

 ゲームの軸を担う「ナビ矛盾」とは、テトラリールに告知された小役がメインリールで揃わなければ超チャンスという、文章にするとシンプルなものと感じてしまうが、前作をプレイした方ならそのアツさはわかるはず。ただのリプレイナビが1確目や2確目になったり、チェリーナビが1リールの小役ハズレ目になったり……テトラリールとメインリールが絡む灼熱の出目演出は、想像を超えるものとなっている。そのナビ矛盾発生時の恩恵は状況によって変化し、通常時はボーナス濃厚、RT中はボーナス or RT昇格、BIG中は設定示唆……と、テトラが動くだけで常にドキドキできるのだ。

 ボーナスはBIG BONUSとREG BONUSの2つで、どちらも9枚役を獲得する枚数調整を実践することにより、最大枚数を獲得できる(BIGはMAX300枚、REGはMAX84枚)。また、BIG後は20ゲーム継続するRT「ナイトモード」に必ず突入。この間にナビ矛盾が発生したら、上位版のRT「ジャングルタイム」へ移行、またはボーナス当選のどちらかとなる。

 ジャングルタイムは100ゲームもしくは999ゲーム継続。RT中の純増に関しては現状維持程度で、BIG当選で終了となるのだが、REG成立では終了しない(REG成立から揃えるまでの間&REG消化中はRTの減算アリ)という貫通型RTとなっており、REGの引き次第ではBIG → BIG間+αの出玉が見込める。ちなみにジャングルタイム突入期待度はBIGの種類によって異なり、赤7揃いBIG後の方が若干優位となっている。では、緑7は残念か……といえばそうではなく、赤7BIGに比べ999ゲームのジャングルタイム突入期待度がアップする。RT中も「ナビ矛盾」に期待しよう。
「ナビ矛盾」の他にテトラによる連続演出やチャンス予告などあり、そのパターンは多数。出現しただけで激アツとなるキャラも!!
▼ メニュー [ジャングルマスターコングダム]
(C)YAMASA/(C)TONG KING SHOW
パチンコ・パチスロ機種検索
パチンコ パチスロ
機種名