オッケー. ぱちんこ 新鬼武者 狂鬼乱舞LightVersion
「ぱちんこ 新鬼武者 狂鬼乱舞」の甘デジバージョンが登場!
蒼剣RUSHを突破できればロングループ必至の狂鬼乱舞へ!
 2019年9月に導入された『ぱちんこ 新鬼武者 狂鬼乱舞』の甘デジ版『ぱちんこ 新鬼武者 狂鬼乱舞 Light Version』がオッケー.より登場した。ゲーム性はミドル版を継承しており、大当り確率が約99.9分の1〜約73.6分の1(全6段階設定搭載)と大幅にアップして、遊びやすいスペックに生まれ変わっているぞ。

 初当りは2種類存在し、7揃いでの大当りは「蒼剣BONUS(3ラウンド)」に当選。消化後は時短「極限ノ刻」へ直行する。初当りの大半を占める「鬼BONUS(3ラウンド)」当選時は、10回の時短「蒼剣RUSH」へ突入。ここを突破できるか否かが勝負のポイントだ。時短中は実質大当り確率が約21.3分の1〜約19.8分の1にアップしているので、蒼剣RUSH中の大当り期待度は約49.0〜51.6%と高い。

 時短中の大当りは2種類だが、その内訳は通常時とは異なっており、7揃い時は「極限BIG BONUS(10ラウンド)」に当選。7以外の図柄が揃った場合は、ランクアップボーナスの「蒼剣BONUS(4 or 7 or 10ラウンド)」当選となる。どちらの大当りも終了後は「覚醒チャレンジ」が発生して、突入先の時短モードを告知。蒼鬼が“極限覚醒”すれば「極限ノ刻(時短50回)」へ、“覚醒”なら「覚醒ノ刻(時短30回)」へ、覚醒しなかった場合は「真蒼剣RUSH(時短25回)」へ突入するぞ。極限ノ刻と覚醒ノ刻は終了後に時短15回の蒼剣RUSHへ突入するので、実際の時短回数はそれぞれ「極限ノ刻」が65回、「覚醒ノ刻」が45回となる。もちろん時短回数が多いほど大当りを引ける可能性も高くなり、最上位の極限ノ刻なら継続率は約96.4〜97.2%、最も低い真蒼剣RUSHでも約75.2〜77.8%という数値を誇るので(継続率はいずれも残保留4個を含む)、鬼BONUSからの蒼剣RUSHさえ突破できればロングループの期待大だ。なお、どの時短モードも終了後は残保留4個のチャンスがあり、各モードのラスト1回転+残保留4個は専用の演出モード「ラストバトル」が発生。白い紳士とのバトルに勝利できれば大当り濃厚となる。
電チュー大当り後に突入する時短モード3種類の総称は「狂鬼乱舞」。覚醒チャレンジにより告知される突入先のモードによって時短回数&継続率が変動するが、トータルの継続率は設定1でも約90%と非常に高い数値を誇る。
(C)CAPCOM CO. , LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
(C)OK!!
パチンコ・パチスロ機種検索
パチンコ パチスロ
機種名