SANKYO Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア2
待望の『戦姫絶唱シンフォギア』パチンコ第2弾が遂に登場!
前作のDNAを完全継承しつつ様々な新規要素も搭載!
 2017年に導入が開始され、大ヒットを収めた『CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギア』に、待望の続編が登場した。本機『Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア2』は、前作を継承&進化させたライトミドルスペックの1種2種混合機。専用筐体「絶唱」を採用した、入魂の1作となっているぞ。

 基本的なゲームの流れは前作と同じで、初当りの大半は「FEVER(3ラウンド)」となり時短1回+残保留4個の「最終決戦」へ突入。ここで大当りを引ければ時短「シンフォギアチャンスGX」突入濃厚の突破型スペックとなっている。時短中の実質大当り確率は約7.6分の1で、最終決戦中に大当りを引ける割合は約50.7%。初当りで「SPECIAL FEVER(10ラウンド+時短99回)」に当選して直行する分も含めると、シンフォギアチャンスGX突入率は約51.2%となる。なお、今回の最終決戦は2種類の演出モードを選択可能。前作の演出を継承した「バトルタイプ」、ガングニールデバイス操作中に振動すれば大当り濃厚の新モード「振動タイプ」の2つが用意されているぞ。

 シンフォギアチャンスGXは、基本的に時短7回+残保留4個=計11回のチャンスがある時短モード。大当りを引ける割合は約78.9%だ。最終の7変動目は時短7回目+残保留4個を参照して抽選結果を告知。最終変動は信頼度が50%オーバーへと大幅アップするのも前作を継承している。ただし今回は、MAXラウンドである10ラウンド大当り後に限り、時短11回 or 99回の可能性あり。時短11回の場合は、6変動目で時短6回目〜時短10回目を参照する「抜剣演出」が発生!? 最終変動と同様に信頼度50%オーバーとなる上、ハズれても最終変動に期待できるのだ。時短99回の場合は、最終変動がハズれた後のリザルト画面でV-STOCKが発生!? 時短継続&実質次回大当り濃厚となるぞ。なお、シンフォギアチャンスGX中の演出は、前作同様に5種類の演出モードを選択することが可能。さらに特定条件を満たすと開放される第6のモード(キャロル)も存在する。

 時短中の大当りは「SPECIAL FEVER(10ラウンド)」 「ギアVアタック(6 or 7 or 10ラウンド)」 「FEVER(4ラウンド)」の全3種類。いずれもシンフォギアチャンスGX突入濃厚だ。なお、時短11回や99回の場合も含めたトータルのシンフォギアチャンスGX継続率は約82%となっている。

 通常時の演出に関しては、前作同様に「絶唱ゾーン」 「聖詠演出」 「絶唱演出」の3つがキーポイントに。絶唱演出は発展先が2パターンに増えており、6人全員が絶唱する新パターンだと、本機最強リーチの「繋ぐこの手がわたしのアームドギアだッ!リーチ」に発展するぞ。黒系の演出を呼び水とする「抜剣演出」は、高信頼度の新リーチ「抜剣リーチ」に、もしくは絶唱演出に発展!? 「黒」出現時は要注目だ。
時短終了後は専用ステージの「LIVE GenesiXモード」に移行。残保留を含めて15回転滞在し、専用の予告が発生する。リーチは専用リーチの「星天ギャラクシィクロスリーチ」のみに。
(C)Project シンフォギアG
(C)Project シンフォギアGX
パチンコ・パチスロ機種検索
パチンコ パチスロ
機種名