ミズホ アナターのオット!?はーです
見た目はゆるいがしっかり継承&進化を果たした新生「はーです」が登場!
出玉増加のカギを握るのはJUDGEMENT!
 初代『アナザーゴッドハーデス』のゲーム性を踏襲しつつも、新たなゲーム性を搭載した『アナターのオット!?はーです』。もちろん今作も、1ゲームあたり純増約2.5枚のATのみで出玉増加を目指すAT機である。

 メインATには「赤の奇数図柄揃い」 「へるぞーん中の図柄揃い」 「ゆるちゃれクリア」 「確定役当選」を機に突入。初当り時はまず「JUDGEMENT」によってゲーム数上乗せ抽選が行なわれ、その後に「GOD RUSH」へ突入する。なお、確定役の中でもGOD揃いは別格で、当選時は「GODステージ100ゲーム+JUDGEMENT×3回以上」獲得となる。

 出玉増加のカギを握るのは、1セット10ゲームのST型上乗せ特化ゾーンであるJUDGEMENTだ。基本的に本機のゲーム数上乗せ要因はJUDGEMENTのみ。つまり、GOD RUSH中にどれだけJUDGEMENTへ突入するかによって、獲得枚数が激変するのである。

 JUDGEMENTは選択されるキャラによって上乗せ当選率=ループ率が変化し、“はーです”が選択されると大量上乗せの期待大! 「エリニュスステージ」や「GO TO HELL」といった、JUDGEMENTの性能がアップする要素も用意されているので、JUDGEMENT 1回での大量上乗せ獲得も十分あり得る。

 演出面も継承&進化を果たしている。中でも注目なのが、GOD揃い期待度が高い新規演出だ。「でちゃうフリーズ」 「中押し演出」 「寝室フリーズ」といった新規演出が発生すればGOD揃いの大チャンス! もちろん、おなじみの「ハーデスの槍演出」 「冥界の扉演出」 「GODフリーズ」 「全回転フリーズ」も健在で、特に全回転フリーズなら、たとえGOD揃いでなくても大量獲得必至となる。なお、今作では中段以外にもGODが揃うので、左リールを止めてガッカリ……なんてことはない。
小役履歴による抽選も健在。通常時は宝石3連でゆるちゃれ抽選、4連でゆるちゃれ濃厚、5連目以降は継続のたびにゆるちゃれをストックする。AT中はゆるちゃれではなくJUDGEMENTが対象となる。また、今作では小役履歴変換システムを採用しており、「宝石 → 宝石 → ハズレ → 宝石」のように、4ゲーム中3ゲームで宝石が揃った場合の50%で「ゆるしゃれ」が出現。そして、次ゲームで宝石役(リプレイ・チャンス役・押し順1枚役の一部)成立なら、ハズレ履歴が宝石に変換されるぞ。
(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT