藤商事 Pリング 呪いの7日間2FSA
より遊びやすくなったライトミドルスペックが登場!
本スペックでも超ロング時短を搭載!
 『Pリング 呪いの7日間2』に追加スペックが登場。基本的なゲーム性はミドルスペックと同じで、大当り終了後は74回の確変に必ず突入する。電サポ中は60%が10ラウンド確変となる上に、時短引き戻しも含めたTOTAL継続率は約72%(※ST継続率約70%、598回時短引き戻し率約95%、759回時短引き戻し率約98%の合算値)と出玉性能は高い。

 注意したいのは、初当りが2ラウンド確変だった場合に限り、潜伏STとなる点だ。2ラウンド確変 or 小当り終了後は「呪いの7日間」に突入し、この間は潜伏STとなる可能性があるので、ヤメ時には注意しよう。

 本機は遊タイム搭載機であり、通常時599回消化後は時短759回の「超貞子接近モード」に突入。大当り期待度は約97.8%だ。また、超貞子接近モードにはST終了後の一部でも突入することがあり、この場合の時短は598回(大当り期待度は約95%)。ここで大当りを引き戻すことができなければ通常時へ移行するが、1回の通常変動を経て超ロング時短発動(時短598回+1回転=通常599回消化)。時短759回の超貞子接近モードに突入する。よって、ST終了後に超貞子接近モードに突入した場合は、ほぼ出玉を減らさず次回大当り獲得が約束されるぞ。

 演出面では、「呪いの手衝撃予告」 「貞子登場」 「終焉リーチ」 「貞ジョグ」に注目したい。いずれも約半数が大当りへと結び付く大チャンス演出だ!
新デバイス「貞ジョグ」を操作中、貞子に手を掴まれると大当り濃厚。衝撃度MAXの演出につき、心臓が弱い人は要注意だ。
(C)1998「リング」「らせん」製作委員会
パチンコ・パチスロ機種検索
パチンコ パチスロ
機種名