銀座 デジハネPA火曜サスペンス劇場 最後の推理
「P火曜サスペンス劇場 最後の推理」の甘デジバージョンが登場!
黒幕バトルリーチ発展時は10ラウンド確変 or 突サポが当たる!?
 2時間ドラマ枠「火曜サスペンス劇場」をモチーフとしたパチンコ第3弾『P火曜サスペンス劇場 最後の推理』に、新スペック『デジハネPA火曜サスペンス劇場 最後の推理』が登場した。本機は転落抽選タイプの確変を搭載した甘デジで、基本的なゲーム性はミドル版を継承。確変「超・真相究明RUSH」は、毎回転67分の1で転落抽選を行なっており、実質継続率は約71.2%。大当り後は必ず確変へ突入するため、初当りからRUSHを楽しめるようになっている。

 大当りは4 or 10ラウンド確変の2種類。「超・真相究明RUSH」の電サポ回数は70回 or 120回のどちらかで、規定回数へ到達する前に確変から転落していても、時短に移行して電サポは継続。規定回数到達時に転落ジャッジが発生し、既に転落していた場合は電サポ終了となってしまう。まだ確変だった場合は電サポが延長され「追及バトルモード」へ突入。以降は確変転落 or 大当りまで電サポが続くので、確変が潜伏するようなことはないぞ。

 通常時の演出に関しては「サスペンスZONE」 「アイキャッチ予告」 「超CLIMAXリーチ」 「黒幕バトルリーチ」の4つが注目演出となっている。特に黒幕バトルリーチは、当たれば10ラウンド確変当選!? リーチがハズれても時短70回の突サポ「崖っぷちZONE」へ突入するので、発展した時点で何かが当たる嬉しいリーチとなっている。
ロゴギミック落下時はSPリーチに発展!? 「火曜」の部分から「説得」の文字が出現すればチャンスアップだ。他にも「事件発生ギミック(出現で事件発生!?)」 「かるた札ギミック(全て出現で黒幕バトルリーチ発展!?)」といったギミックも搭載されているぞ。
▼ メニュー [デジハネPA火曜サスペンス劇場 最後の推理]
(C)NTV (C)大映テレビ (C)ホリプロ (C)東宝芸能 (C)山村美紗オフィス (C)Sammy