エレコ バジリスク〜甲賀忍法帖〜絆
AT機への転身と共に初代を髣髴とさせる仕様に
「争忍の刻」突入時は「絆システム」の発動に期待!
 ATに生まれ変わった「バジリスクタイム(BT)」への突入には「バジリスクチャンス(BC)」を経由。BC中は3種の告知方法を選択でき、「プレミアムバジリスクチャンス」成立時にはAT突入が確定する▼BTはゲーム数上乗せが期待できる前半パート「追想の刻」と、AT継続か否かを告知する後半パート「争忍の刻」で構成され、最大継続率は80%を誇る▼BTは継続率によるループの他、BC当選による自力継続要素も搭載されており、争忍の刻突入時に特定の組み合わせのキャラが選択されることで「絆システム」が発動すれば、組み合わせに対応した小役のBC当選期待度がアップするぞ(複数の組み合わせが重複することもアリ)▼また、BT中にBCに当選した際には「無想一閃」が発生することがあり、見事弦之助が開眼すれば上乗せ特化ゾーンである「真瞳術チャンス」に突入▼真瞳術チャンスは平均で5セット以上の上乗せが期待できるだけでなくそれ自体がループ性を有しており、液晶リールの金7揃いで真瞳術チャンスの1G連が確定だ。
(C)山田風太郎・せがわまさき・講談社/GONZO (C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT