大都技研 押忍!サラリーマン番長
継承×進化した新「番長」が再び回胴界の頂を目指す!
熱き漢がサラリーマンとなって日本中を轟かす!
 2011年に誕生した5号機『押忍!番長2』から3年が経ち、現在も絶賛稼働中の中、遂に待望の「番長」シリーズ3作目が登場。高校生だった金剛たちが今度はサラリーマンとなり、轟商事を舞台に研修や営業を乗り越え、ビジネス界の頂を目指すという一新されたストーリーが見物となっている。気になるゲーム性は前作を踏襲しており、擬似ボーナスの「番長ボーナス」とATへと変化した「頂RUSH」がループすることで大量出玉を生み出すシステムだ。

 出玉増加のメインとなる頂RUSHへは、前作の「特訓」にあたる前兆ステージ「研修」を経由しての連続演出成功や、ボーナス中の抽選をクリアしての突入という流れがメイン。加えて、新搭載された自力高確ステージの「仁王門」によって、通常時からのAT突入のチャンスが拡がっている。また、本作の番長ボーナスは、「赤7BB」と「青7BB」に加えて、AT濃厚となる「超番長ボーナス」の3種類となっており、REGが撤廃されているのも嬉しいポイントとなっている。この3つの番長ボーナスと頂RUSHが織りなす真・漢気ループは他のマシンを寄せ付けない最強の爆発力を秘めているぞ。

 また、本機のために開発された新筐体「GRAN MOVE(グランムーブ)」は、お馴染みの「シャッター役モノ」の他にも業界初となる「リールシャッター」を搭載しており、可動することで新感覚のリール演出を堪能できる。加えて、触れた瞬間に音や光で告知する「タッチセンサー」も内蔵。他の機種とは一線を画す大迫力演出が満載となっているため、演出面以外での進化も充実したと言えるだろう。ストーリーや演出だけでなく、筐体までこだわり抜いた本機は前作同様、回胴界に新たな歴史を刻み込むこと間違いナシだ。
タッチセンサー演出は滅多に発生しないが、出現時はかなりのアツさを誇る演出で、AT中ならば「絶頂RUSH」に突入するパターンも存在。「タッチセンサーをさわれ!」と告知されたら期待をもって手をかざそう。
「頂RUSH」に「青」が加わり超絶進化!!
新搭載された青頂RUSHを射止めれば、80%で青7BBと青頂RUSHがループする特殊状態の「ブルーレジェンド」に突入する可能性アリ。あくまでプレミアム的な存在だが、青が連続すれば大量出玉獲得に期待して良しだ。
 金7揃いで突入する頂RUSHは、1セット50ゲーム+α・純増約2.8枚のATで、突入時の文字色で性能が変化する。メインとなるのは「赤頂RUSH」だが、「青頂RUSH」を掴めば高継続や青7BB当選に期待できるなど、あらゆる面で性能がアップする特徴を持つ。例え赤頂RUSHが告知されたとしても、開始までに昇格するチャンスもあるため、最後まで諦めず消化しよう。

 また、突入時に上乗せの告知方法を「轟AT(チャンス告知)」、「鏡AT(完全告知)」、「雫AT(最終告知)」の3種類から選択できるようになったことで、演出のバリエーションが豊富に広がったのもポイント。上乗せだけでなく、上乗せ特化ゾーンやボーナスが多彩な専用演出・方法で告知されるため、何度でも飽きずに楽しむことができるぞ。

 さらに、AT中に当選した番長ボーナスの一部で当選する「絶頂RUSH」には要注目。最低10ゲーム継続し、2択ベル不正解まで毎ゲーム上乗せする究極上乗せ特化ゾーンとなっている上に、消化後は番長ボーナスに突入するという爆発力に優れた性能を持つ。また、終了後も復活する可能性があり、前作よりもさらなるドキドキ感を味わえるのも大きな魅力だ。その他にも、ゲーム数上乗せの抽選機会が2倍、あるいは4倍に上昇する興奮必至の「頂SRUSH」なども搭載しており、前作を徹底継承&超絶進化したこれらの豊富な演出陣は、大量出玉を呼び起こしホール界の頂を掴み取る可能性を秘めた至高の1台だ。
(C)DAITO GIKEN, INC.
このページを見たアナタへのオススメ機種
機種関連NEWS
パチンコ・パチスロ機種検索
パチンコ パチスロ
機種名
ユーザー更新情報