大都技研 押忍!サラリーマン番長
ボーナス&AT中演出
spacer 轟BB
spacer
spacer
spacer
▲いわゆるチャンス告知タイプで、前作同様にドデカナビ、ダブルナビなど、ナビパターンでレア小役や7揃いの期待度を示唆するのが特徴。レバーONでパンダが登場すれば7揃い=AT当選(AT中はゲーム数上乗せ)のチャンスで、パンダ<コパンダ<メスパンダの順に期待度が上昇する。また、消化中の轟のオーラで継続期待度を示唆しており、最終的に轟が限界突破すればボーナスのゲーム数が20ゲーム以上上乗せされる。
spacer 鏡BB
spacer
spacer
spacer
spacer
▲前作の薫BBに相当する完全告知タイプで、金のシャッター画面が出現すれば7揃い濃厚だ。なお、レア小役成立後に突入する可能性がある「ほッとッとタイム」は7揃いの高確率状態となり、さらに上位の「超ほッとッとタイム」なら告知発生に期待して良し。また、限界突破は最終ゲームだけでなく常に発生する可能性があり、「READY→GO!」完成でボーナス継続となる。
spacer 雫BB
spacer
spacer
spacer
▲前作の操BBと同様に最終ゲームで結果が明かされる最終告知タイプで、消化中は7揃い告知が発生せず、液晶上に表示されるビリヤードのボール(保留玉)の色によってAT当選期待度が変化する。最終ゲームに雫が保留玉を計3回突き、落下した保留玉に書かれた文字でAT突入やBB継続などを告知するのが特徴だ。なお、保留玉の色は白<黄<緑<赤<紫の順に高く、レア小役成立等で色が昇格する可能性アリ。
spacer 轟AT
spacer
spacer
spacer
spacer
▲前作の頂RUSHを継承・進化させたチャンス告知タイプで、崖を登りつめ、山頂に到達すればボーナス当選期待度が上昇する他、連続演出が発生すればボーナスorゲーム数上乗せのチャンスとなる。また、主にハズレで獲得できるノルマを10pt貯めると「辞令チャンス」が発生し、辞令の内容で連続演出発展・ボーナス当選・上乗せ特化ゾーン突入などその後の展開が変化する。
spacer 鏡AT
spacer
spacer
spacer
▲レバーONや第3停止で上乗せが発生する完全告知タイプで、車の大型化や「(超)V.I.P.ルーム」突入などでボーナス当選期待度が上昇する。「COME ON!」告知発生でゲーム数上乗せとなり、上乗せ中にさらに告知が発生すれば上乗せゲーム数が上昇するなど告知パターンは多彩で、ドキドキ感を味わいながら楽しめるのが特徴。また、液晶右下のスロットに文字が出現するとボーナスや連続演出発生のチャンスとなる。
spacer 雫AT
spacer
spacer
spacer
spacer
▲最終ゲームに発生する「雫チャレンジ」で貯めた保留玉を放出し、上乗せを告知する最終告知タイプで、保留玉の種類や雫チャレンジ中の背景色で上乗せ期待度が変化する。イルカが出現すると保留玉昇格の高確率状態になり、大量ゲーム数獲得に期待できる他、「ジャッジ演出」発生でボーナス当選のチャンスとなる。
spacer 絶頂RUSH
spacer
spacer
▲主にAT中のボーナスの一部で突入する継続ゲーム数10ゲーム+αの毎ゲーム上乗せ特化ゾーン。2択ベル不正解まで継続し、前作と同様に消化後はBB当選となるが、新たな要素として復活パターンが加わり、上乗せ性能がさらに上昇した。
spacer 頂SRUSH
spacer
spacer
spacer
▲「スラッシュチャレンジ演出」成功で突入する30or50or100ゲーム継続の特殊上乗せゾーン。画面が2分割される間は上乗せ抽選も2回行われ、4分割となる「頂SSRUSH(ダブルスラッシュ)」なら4回抽選するという特徴アリだ。消化中は頂RUSHのゲーム数減算が止まる上に、頂SRUSHゾーンのゲーム数上乗せもあるため怒濤の上乗せ展開が期待できる。また、滞在中にボーナスに当選すれば、ボーナス中の液晶も分割され、上乗せゲーム数の大幅アップが見込める。ただし雫ATの場合は後告知タイプのため液晶は分割されないが、上乗せ抽選は複数回行われるので、こっそり楽しみたい人は雫ATを選択しよう。
spacer 超番長ボーナス
spacer
spacer
▲主にフリーズから突入するAT確定演出。消化中は7揃い高確率状態になっており、揃うたびにゲーム数が上乗せされる他、レア小役でも上乗せ抽選を行っている。
(C)DAITO GIKEN, INC.
このページを見たアナタへのオススメ機種
機種関連NEWS
パチンコ・パチスロ機種検索
パチンコ パチスロ
機種名
ユーザー更新情報