藤商事 CRリング 終焉ノ刻FPH
リングワールド全開の最恐演出がプレイヤーを襲う…!!
心臓が止まりそうなサプライズ演出も満載!
 「CRリング」シリーズ最新作は、ヘソ大当りか電チュー大当りかで確変突入率が変化するV-ST機。ST非突入でも100回の時短に突入するので、ここでの引き戻しにも期待できる。なお、初当りは6ラウンドのみ、電チュー大当りは16ラウンドのみとなっており、連チャンすれば一気に大量出玉を獲得することも可能だ。また、出玉ナシ大当りや潜伏確変は存在しない仕様である。

 発生する演出が恐ければ恐いほど大当りに期待できるという伝統の法則はもちろん健在。中でも、かつてない恐怖に襲われること請け合いなのが「呪縛最恐の刻」である。等身大の貞子が筐体から出てくるかと錯覚させられる当演出は、まさに最恐! 約50%が大当りに結び付く。さらに、「呪いの刻突発大当り」「女子高生突発大当り」「貞目落下突発大当り」といったサプライズ演出も必見だ。

 STは「貞子突当りゾーン」「ST前半モード」「ST後半モード」「STラスト8回チャンス」の4つのモードで構成される。そして、ST前半モード&ST後半モードでは、それぞれ4種類の演出モードを選択できるので、ST中は様々な演出パターンを楽しむことが可能となる。演出モードは十字ボタンで選択できるぞ。
おなじみの「呪いの手役物」は、選択する通常時のゲート(怨霊調整機能)によって基本位置が異なり、日常ゲートなら左右、戦慄ゲートなら下部、最恐ゲートなら上部に配置。そして、役物が急上昇&急降下すれば……大チャンスだ!!
(C)1999鈴木光司 発行:株式会社KADOKAWA 角川書店
(C)1998「リング」「らせん」製作委員会
(C)1999「リング2」製作委員会