藤商事 CRリング 終焉ノ刻FPH
モード&大当り紹介
spacer 怨霊調整機能
spacer
spacer 通常ステージ
spacer
spacer
spacer
▲本機は、お好みの「恐さ」を1〜3段階で選択可能。「日常ゲート < 戦慄ゲート < 最恐ゲート」の順に怨霊レベル=恐さがアップする仕様だ。心臓の弱い方には日常ゲートがオススメ!?
▲学校、駅前、ペンションなどなど、通常ステージは数多く存在。賽の河原ステージに移行すればチャンスか!?
spacer 初当り
spacer
spacer
7揃い以外大当り
Vチャレンジ
7揃い大当り
spacer
▲初当り図柄が7以外なら6ラウンド確変 or 通常。ラウンド中にVチャレンジが発生し、成功なら168回のST突入、失敗なら100回の時短 or 168回のST「呪い再生モード」突入となる。初当り図柄が7なら6ラウンド確変。もちろん、大当り終了後のST突入が約束される。
spacer ST
spacer
ST前半モード
ST後半モード
spacer
▲ST突入後は、まず電サポ20回の「貞子突当りゾーン」に突入。その後、電サポ40回の「ST前半モード」 → 電サポ100回の「ST後半モード」 → 電サポ8回の「ラスト8回チャンス」へと移行する。ST前半モードは「貞子接近モード」 「呪いのビデオモード」 「プレミアムモード」 「透視・念寫保留モード」の4種類から選択でき、ST後半モードは「山村荘の恐怖モード」 「デジャヴ7daysモード」 「夜ノ森最恐モード」 「井戸からの脱出モード」の4種類から選択可能。選択したモードによって主要演出が変化するので、どれだけ打っても新鮮な恐怖を堪能することができる。
spacer 電サポ大当り
spacer
spacer
spacer
▲電サポ大当りは全て「2200BONUS 貞」となり、16ラウンド確変 or 通常。電サポ大当りの場合、83%が16ラウンド確変となるため、その後もSTに突入する期待大となるが、16ラウンド通常だった場合は、電サポが100回で終了する。
(C)1999鈴木光司 発行:株式会社KADOKAWA 角川書店
(C)1998「リング」「らせん」製作委員会
(C)1999「リング2」製作委員会