藤商事 P地獄少女 四
パチンコの地獄少女シリーズ第4弾が革新的スペックで登場!
初当り・時短中・極ゾーン中の大当りは全て10ラウンド確変となる「絶確」スペック!
 パチンコの地獄少女シリーズ第4弾『P地獄少女 四』がJFJより登場した。本機はループタイプの確変を搭載したミドルスペックで、初当り時など特定の状態での大当りは全て10ラウンド確変大当りとなる「絶確」を採用。これまでにない独創的なゲーム性を実現させた機種となっている。

 初当りからの確変突入率は100%で、大半は「超大当り(10ラウンド確変)」に当選。消化後は「地獄少女モード」へ突入するのが基本的な流れとなるが、初当りのごく一部は「超大当り極(10ラウンド確変)」となり、「極ゾーン」へ直行することもあるぞ。

 地獄少女モードは電サポなしの確変モードだが、電チューの代わりに右始動口へ入賞するので玉減りはナシ。ここでの確変突入率は50%にダウンする。ただし、確変大当りは「超大当り極(10ラウンド確変)」または「きくりチャージ(2ラウンド確変)」のどちらかで、いずれも極ゾーン突入濃厚だ。「大当り(3ラウンド通常)」に当選した場合は、時短「チャンスタイム」へ突入する。

 極ゾーンは本機最上位の確変モードで、実質83回の電サポが付く。ここでの大当りは全て「超大当り極(10ラウンド確変)」となり、もちろん極ゾーン継続濃厚だ。電サポを83回消化すると地獄少女モードへ転落するが、確変は続いているので確変引き戻しによる極ゾーン突入に期待しよう。なお、極ゾーンのごく一部で、電サポ回数が65535回、つまり実質上次回大当りまで極ゾーンが続く「極ゾーン∞」となる可能性があるぞ。

 チャンスタイムは50 or 88回の時短で、この間は初当り時と同様に確変突入率が100%となり、引き戻し時は「超大当り極」 or 「超大当り」のいずれかに当選する(大半は超大当り)。

 演出に関しては、筐体右側からボタンが手前に飛び出す「業快ボタン」を搭載。他にも筐体上部の蝶が手前に迫る「上蝶ギミック」や風が吹き抜ける「エアー」など、Z軸で展開される業快デバイスが見所だ。大注目演出は「あい地獄流し演出」と「業の魂リーチ」の2つで、どちらも業快デバイスが連動するぞ。
通常時は予告の頻度をカスタマイズ可能。他にも先読み予告、DANGER柄モード、プレミアムモード、ラッキーエアーモード、ラッキーパトモードのオン/オフも設定できる。確変中も、先読み予告や一部モードのオン/オフを設定できるぞ。
(C)地獄少女プロジェクト/宵伽製作委員会
パチンコ・パチスロ機種検索
パチンコ パチスロ
機種名