Sammy ぱちんこCR北斗の拳剛掌
mixiチェック
ぱちんこCR北斗の拳剛掌
(C)武論尊・原哲夫/NSP 1983,(C)NSP 2007 版権許諾証SAF-308 (C)Sammy
大当り絵柄
大 当 り 絵 柄
基本スペック
賞球数 3&13&15
通常時大当り確率 1/399.6
確変時大当り確率 1/40.0
確変スペック 80%
平均出玉 HYPER BONUS(右アタッカー):約2400個
16R(下アタッカー):約2080個
EXTRA BONUS(下アタッカー):約1820個
5R(下アタッカー):約650個
ラウンド・カウント数 5or16R/10C
時短 全ての大当り終了後40or60or80回
(ただし、電サポナシ時の2R当り後は除く)
沖縄県公安委員会検定通過状況(2010年06月21日付)
Sammy/2010年7月導入開始/設置期限2013年6月/CR機
☆ぱちんこCR北斗の拳剛掌 ■ぱちんこCR北斗の拳金色(ファルコ) ■ぱちんこCR北斗の拳剛掌 黒王バージョン
  前作を踏襲しながらも見事なまでにグレードアップ!
  機種コメント
「北斗の拳」シリーズ最新作『ぱちんこCR北斗の拳剛掌』が登場した。スペックは前作『〜ラオウ』をほぼ踏襲した、大当り確率1/399.6分の1のMAXスペック。モード移行と思いきや大当りとなる「EXTRA BONUS」を新たに搭載し、抜群の破壊力に一層磨きがかかっている。演出面も大幅な進化を遂げており、最大の見所である「バトルモード」ではシン・ユダ・ヒューイ・ジュウザを加えた総勢10名の強敵が登場。更に、10連目以降はケンシロウVSラオウの「北斗練気闘座編」か、ケンシロウVSファルコの「中央帝都編」を選択可能だ。一方、通常時はラオウの昇天後を描いた「天帝編」を舞台とした「中央帝都ステージ」などが追加され、このステージでしか見られない「バトル系ファルコリーチ」を始め、ファルコやアインといった人気キャラクターたちが活躍する予告やリーチを楽しめる。そして液晶演出以外で注目したいのが、新枠「聖枠(クロス)」ならではのギミック「シェイクビジョン」。映し出された演出と連動し、液晶自体が激しく振動しているかのような臨場感を体験することができるぞ。
  機種レビュー
  サブ基板・F
 
一撃2000個オーバーの出玉もさることながら、元斗皇拳のファルコやケンカ拳法のアインが新キャラとして加わり、更に液晶演出に磨きがかかった本機。内規の改正により発表から設置までの期間は短かった訳だけど、ホント、なんとか間に合って良かったのが正直な感想。北斗ファンなら当然のこと、波の荒い機種を好むパチンコファンなら是非とも打って欲しい機種だね。
オススメランク:
  ゴジョ太
 
今回の『北斗の拳』は前作の演出パワーアップ版。全体的な目新しさに欠けるという意見もあるみたいだけど、バトル系リーチの2段階当たり省略や突当たりなど細かい部分がかなり変更されており、前作を打ち込んだ人ほど楽しめるハズ。ま、あの爆発力が味わえるなら演出が変わろうが、あまり気にならないというのが正直な感想ですけどね。これからMAXバトルスペックは出せなくなったみたいなので、撤去されるまで打ち込むとしますか。
オススメランク:
  QRコード