高砂 スカイガールズ〜ゼロ、ふたたび〜
ボーナス+ARTマシンの傑作が、ふたたび発進!!
前作の良さを継承しつつ大幅なパワーアップも実現!!
 2013年に導入が開始され、高評価を得た『スカイガールズ〜よろしく!ゼロ〜』の後継機種『スカイガールズ〜ゼロ、ふたたび〜』が高砂より登場した。スペックは前作と同じ純正ボーナス+ART機で、基本的なゲーム性は前作を継承しつつも様々な箇所を強化。演出は一新&2倍以上の数へとボリュームアップされており、全ての面において前作を超える出来となっているぞ。

 ボーナスは「SKY BIG BONUS(最大210枚獲得可)」「BIG BONUS(最大210枚獲得可)」「REG BONUS(最大56枚獲得可)」の3種類で、BIG中は7揃い当選でART確定!? 既にARTが確定している状態だと7揃いで上乗せ特化ゾーンの「LOCK」をストックする。SKY BIGは当選した時点でARTが確定するだけでなく、ボーナス中の7揃い確率も大幅アップ。シングル揃いは10倍アップ、ダブル揃いは50倍アップになるので、LOCKの複数ストックが期待できるプレミアムボーナスとなっている(平均ストック数は4個)。

 REG中は前作と同じく、成立役に応じてptを獲得。最後は獲得ptに応じてARTをガチ抽選する(ART中ならLOCKを抽選)。ptが100%に到達すればART確定なのはもちろん、余剰分があった場合はそちらでも抽選を行うぞ。例えばトータルのptが150%だった場合は「ART確定&50%でLOCKをストック」となるのだ。ptの溜まりやすさは登場キャラによって異なり、「瑛花<可憐<音羽<エリーゼ<アイーシャ」の順にアップ。アイーシャならオールベルでも100%を超える上、次回ボーナス当選まで継続する無限ART「シューニアモード」に突入する!?

 ART突入契機はボーナス中だけでなく、通常時のレア小役成立時にも抽選。「弱チェリーorスイカ<チャンス目<強チェリー」の順にART当選期待度が高くなる。レア小役成立時は内部状態アップやボーナス同時当選の可能性もあり、高確移行期待度は「スイカ<弱チェリー<チャンス目<チャンスベル」の順に、ボーナス同時当選期待度に関しては「弱チェリー<スイカ<強チェリー<チャンス目<中段チェリーor確定チェリー」の順にアップする。
BIG中の演出モード全5種類で、冬后以外は前作を継承。ただし楽曲は全て一新されている。それ以外にも、ART中に当選したBIG中のみ選べる演出モードとして、「アニメダイジェストBB(完全非告知)」が存在。TVアニメ版全26話のエピソードが楽しめる。
最強の上乗せ性能を誇る「第3のLOCK」を搭載!
ART中のLOCK抽選に関しては、高低の概念が存在する。ベルナビ時の背景が普段と違う背景ならLOCK高確中の可能性大!?
 ART「SONIC DIVE ZONE」は1セット30ゲーム+α継続し、1ゲームあたりの純増枚数は約1.5枚。初当り時は必ずLOCKを1個ストックした状態でスタートする。LOCKにより突入する上乗せ特化ゾーンは全3種類で、振り分け率は滞在している「ライジングモード」によって変動する。

 まず、「DELTA LOCK」は3ゲーム+α継続し、毎ゲーム上乗せが発生。トータルで平均23ゲームを上乗せする。レア小役が成立した場合は大量上乗せが期待できるぞ。ちなみに本機の1契機による最大上乗せゲーム数は500ゲームとなっている。「QUADRA LOCK」は4ゲーム+α継続。1ゲームあたりの上乗せ性能も高くなっており、平均でトータル123ゲームの上乗せが期待できる。そして本機から新たに搭載された「STELLA LOCK」は、5ゲーム固定で毎ゲームレア小役が出現。トータルで平均300ゲームを上乗せする最強のLOCKとなっている(ART初当り時に付いてくるLOCKから突入することはない)。

 LOCKの振り分けに影響を及ぼすライジングモードは、「ライジングチャンス」によってモードアップを抽選。ART中はSINの連続orレア小役成立時に液晶左上にあるメーターアップを抽選しており、5ptになれば必ずLOCKをストックしてライジングチャンスが発生。成功すれば「MODE UP」の文字が表示され、モードがアップする。メーターの色で滞在ライジングモードを示唆しており、「白<青<黄<緑<赤<虹」の順で上位モードとなる。最低の白だとDELTAとQUADRAの比率は9:1だが、最上位の虹(ソニックモード)だと1:1にまでアップするぞ。ライジングモードはARTが継続する限り転落することはないので、一旦突入すればロング継続の期待大だ。

 LOCK以外の上乗せ特化ゾーンも新搭載されており、ART中にレバーONで液晶が暗転すれば「殲滅フリーズ」が発生!? 殲滅フリーズ中は7体のワームが出現し、10or100ゲームの上乗せが7回発生。最大で700ゲーム、平均すると430ゲームの上乗せが期待できる、本機最強の性能を誇る上乗せ特化ゾーンとなっている。
(C)Konami Digital Entertainment/スカイガールズ製作委員会 (C)TAKASAGO ELECTRIC INDUSTRY